「母性愛が強い」ママほど離婚リスクUP!? 効果抜群のラブラブ作戦2つ

55436293

ママが赤ちゃんを純粋に「かわいい」と思う気持ち。その本能的な愛情は、どんな専門書の知識よりも子育てをする上で大切です。目の前の赤ちゃんが何を欲し、何を訴えているのかを感じとることが出来るのは、ママの本能的な直観によるところが大きいからです。

日々変化する成長を喜び、時には心配しながら、ママの生活はいつの間にか赤ちゃん中心になって行きます。それはまったく悪いことではありません。

でも、“母性愛が強い”人ほど陥りがちな夫婦の不幸があることをご存じですか?

今回は『新・良妻賢母』認定講師の芙蓉が、赤ちゃんが生まれた後も夫婦関係のバランスをうまく保ち、幸せな子育てを送る2つのポイントをお伝えしたいと思います。

 

やっぱり「子供」が最優先?

いつも赤ちゃんに気を配り、睡眠や食事、事故がないように細心の注意を払っているママの生活。気づけば頭の中は赤ちゃんのことでいっぱいに。

そのため、ママより育児の時間が短く、育児が不慣れな夫に思わずイライラして喧嘩になり「赤ちゃんの生活が落ち着くまで実家に帰ります」と別居になるケースも多く聞きます。

震災の“放射能問題”があった時も、多くの家庭で小さい子供とママだけが影響が少ないとされる地域に“疎開”するという事態が起きました。このことで、仕事のために残った夫と物理的距離が生まれ、いつの間にか心の距離までもができ、取り返しのつかない状況になったというご相談が多数ありました。

ママは子供を最優先とすることに何の疑問も躊躇もありません。大切な二人の子供ですし、当然夫もそれを望んでいると信じています。でも、夫の本音は果たしてそうでしょうか?

LINEで送る