●人に2人が「お酒で失敗」経験アリ!効果バツグン!? な悪酔い防止策とは

66303709

暖かい春がやってきました。新年度も始まり、これからお花見や歓迎会など宴会のシーズンとなります。お酒好きにはたまらないところですが、普段よりもお酒の量が増えるだけでなく、気の知れた仲間以外に職場や親戚といった人たちとも一緒にお酒を飲む機会も増えるため、お酒のマナーは守りたいところ。

何といっても困るのは、酒癖の悪い人。酒癖が悪いのは、一緒に飲んでいる人だけでなく、家族にも迷惑がかかり、気が付いたらそれが原因で周りに嫌われていた、なんてこともあります。中にはその後しばらくの間“アルコール中毒”の疑いをかけられることも……。

今回は、自身の評価を落としかねない失敗談を元に、お酒が原因で周りに嫌われないようにするにはどうしたら良いのかを考えてみたいと思います。

 

■3人に2人は過去に「お酒で失敗」経験アリ!

@nifty「何でも調査団」による“お酒”に関するアンケート調査では、お酒での失敗が「1~2回はある」22%、「数え切れないほどある」19%、「5回くらいはある」15%という結果でした。つまり「1回以上ある」と答えた人は66%にのぼり、3人に2人はお酒で失敗したことがあることが判明しました。

「数え切れないほどある」という人が19%という多さに驚きますが、どんな失敗だったかというと、「吐いてしまった」、「激しい二日酔いになった」、「記憶がなくなった」というのが、いずれも50%超えの大多数で、「眠ってしまった」、「救急車で運ばれた」という回答もありました。

子持ち既婚男性の失敗談の中には「気が付いたら翌日の朝、冬の玄関先にパンツ一丁で寝てたこと。子供らは呆れてそのまま学校に行ったそうな。」や、「子供のゲーム機をすべてこわした。10万円以上分。」など、傍から聞く分には笑える話でも、自分の夫や父親がこれだったら絶対イヤ!と思う話もありました。

 

■公衆の面前で酔い潰れるのは日本人だけ?

ところで、海外の多くの国では公衆の面前での飲酒は禁止されているのはご存知ですか? 治安の良い日本では、お花見文化などもあり、公園などでの飲酒が普通に行われていますが、諸外国ではご法度なんです。

そのため来日する外国人にとっては、新鮮なことで平和な国として感激される一方で、日本人の酒癖の悪さに驚くそうです。普段は大人しく真面目な日本人がお酒を飲み出すと豹変し、人前で飲みつぶれ醜態をさらす姿に驚愕するのです。

勿論、私たちにとっては見慣れた光景でもあり、「これが日本の文化です!?」とも言いたくなりますが、やはり恥をさらすようなことは避けたいものですね。

 

■効果的な悪酔い防止策とは

また、久しぶりに飲み過ぎたせいで翌日自分が辛いくらいならまだしも、酒癖の悪さから取り返しのつかないことをしてしまう場合や事件に巻き込まれたりする事もあります。警察沙汰になったり、命に関わるような事もあり得るので、そんなことになったら一生後悔してしまいます。

とは言っても、飲み出すと楽しくなり、何だか調子に乗ってしまう気持ちはよく分かります。そんな時は、小まめにお水を飲んだり、しっかり食事もすることで悪酔い防止に努めましょう。

特に前出の子持ち既婚男性のような失敗をさらしていたら、普段どんなに頑張っていても、一気に家庭内での威厳が崩れ、翌朝から妻や子どもに白い眼で軽蔑されるようなことになってしまいます。

そんなことで家庭内の居場所がなくなってしまわないよう、お酒を飲む前に家族の顔を今一度思い浮かべてみましょう。携帯の待ち受け画面に子どもの写真を入れてリマインドにしたり、ママがLineなどで「飲みすぎ注意!」と宴席の途中でメールをしてあげるのもよいかもしれません。

 

いかがでしたか?

男性は特に会社にいる時間が長く、普段の仕事のストレスがたまるのも分かります。でもその解消法はお酒ではなく運動や家族との楽しい休日の時間に充てる等、もっと健全な方法を見つけたいもの。

お酒で失敗しがちな酒好きパパがいたら、ママもできるだけフォローしてあげましょうね!

 

【関連記事】

※ 夫婦カウンセラーが伝授!夫は「妻に●●される」と思わず喜んでしまうらしい!?

※ 気をつけて!「コレをやると嫌われる」歓送迎会のNGマナー4つ

※ 何個知ってますか?人が思わず回答したくなる「質問の仕方」3つの法則

※ 絶対使わないで!封印するだけでみるみる「夫婦仲が良くなる」NGワード2つ

※ 不妊率を60%以上UPさせる!? 絶対避けるべきキケンな習慣3つ

 

【参考】

※ “お酒”に関するアンケート調査 – @nifty 何でも調査団

LINEで送る