学校では教えてくれない!「突然キレる人」にならないための感情コントロール術3つ

最近、未成年による凶悪犯罪が増えています。幼児虐待などのニュースも後を絶ちません。ついカッとなって、キレてしまい、その後取り返しのつかない行動に出てしまう……。恐ろしいですよね。もちろん複雑な背景があってのことでしょうが、“キレる”という意味では実はこういったことは、日常的に、誰にでもよく起こり得ます。

感情についてよく理解すること、そして感情のコントロール法を学んでおかないと、我が子が、自分が、事件の“加害者”になってしまうことも。

今日はコミュニケーションライターの黄本恵子が、親子で習得したい“感情のコントロール法”についてお伝えします。

 

■感情がハイジャックされてしまう!?

思い返せば何でもないようなことなのに、何かのきっかけで怒りが爆発してしまい、暴言を吐いてしまったり、モノに当たってしまったり……。「なんであんなこと言って(やって)しまったんだろう?」と後悔するようなことを一度や二度は経験しているのではないでしょうか?

このような感情の爆発を、心理学者でありジャーナリストでもあるダニエル・ゴールマンは、“情動のハイジャック”と呼んでいます。

情動(感情)を司るとされる脳の“扁桃核”と呼ばれる部分が、怒りや恐怖・嫌悪を感じた際、強く脳に作用し、脳と体のあらゆる機能を支配してしまうのです。

そうなると、自分で自分を抑えられなくなります。

多くの衝動的な犯罪、未成年による犯罪も、こうして起こります。幼児虐待にしてもそうです。子育て中のママなら、子どもが言うことを聞かずワガママばかり言ってくると、イライラして思わず手が出てしまいそうになるときもあるかもしれません。しかしそれで怒りを爆発させてしまうと、感情がハイジャックされてしまい、取り返しのつかないような行動をとってしまうことになります。

そのようなことにならないために、親も感情のコントロール法を身につけて、子どもに教えてあげましょう。

 

■感情をコントロールする方法3つ

(1)物理的距離を置く

怒りで我を忘れてしまいそうになる、そうなったときに最初にできることは、対象物から距離を置くことです。一緒にいるとますます感情がヒートアップしてしまいます。感情は一度爆発させると取り返しのつかない事態に発展しかねないということを忘れず、まずはひとりになって、心を落ち着かせてください。

一度怒りが静まると、冷静に対処できるようになります。

(2)情動の発散を定期的に行う

ストレスが溜まっていると、怒りの感情が爆発しやすくなります。定期的に“情動の発散”をすることはとても大切です。

カラオケ、スポーツ、読書、その他夢中になれる好きなことをする時間を意識して取りましょう。子育てをしていると忙しくてそんな余裕ない、と思うかもしれませんが、ぜひ積極的に取るよう心がけてください。また、子どもにも何か夢中になれる趣味などがあるなら、その時間を定期的に取れるよう、大切にしてあげましょう。

 (3)誰かに話を聞いてもらう、聞いてあげる

もうひとつ、情動のコントロールに有効なのが、誰かに話を聞いてもらうということ。

人は、誰かに話を聞いてもらうだけで、心が楽になり、前向きに生きる力が湧いてくるのです。怒りやストレスが溜まっているときは誰かに話を聞いてもらいましょう。そして、もし子どもがもし悩んでいたりイライラが募っていそうだったりしたら、声をかけ、話を聞いてあげましょう。

その際、親心からアドバイスや説教をしたくなるかもしれませんが、それは禁物。まずはしっかり子どもの言葉を受け取ってあげましょう。人が誰かに悩みや不安を打ち明けるときは、アドバイスや説教をされたいと思っているわけではなく、ただ自分のことを受け止めてほしいのです。 アドバイスや説教をすると、二度と心の内を打ち明けてくれなくなるかもしれません。

 

いかがでしょうか。

感情は意識するとコントロールができます。自分にも他人にも悪影響ばかりの怒りの感情はできるだけコントロールして、後悔のない人生を送りたいですね。

 

【関連記事】

※ 知ってて良かった!今さら聞けない「餞別マナー」4つ

「ママキレイ!」って言われ続けたい!自慢のママでいるために必要なケアとは

※ 7,500人以上教えた専門家がズバリ!キャラ弁を「止めたほうがイイ」理由

※ ほとんどの人に自覚ナシ!「過保護ママ」が言いがちなNGフレーズ

ファーストトイに選びたい!先輩ママたちが支持しているおもちゃとは?
 

【参考】

※ ダニエル・ゴールマン, 土屋京子(1998)『EQ こころの知能指数』(講談社+α文庫)

【著者略歴】

黄本恵子・・・2010年、ライターとして独立。自己啓発・コミュニケーションスキル系の本や、医療・医学系の本の編集協力・代行執筆を数多く手がける。現在、1児の母。日々ヤンチャぶりが増す息子に振り回されながら、執筆業に励んでいる。

LINEで送る