プレッシャー感じていませんか?「ストレスを溜めない」SNSとのつき合い方2つ

SNSやブログに溢れる笑顔の写真。遊園地やテーマパークへ「今日は○○へお出かけなう!」、手をかけた「今日のキャラ当!」などの写真……。

そんな画像を目にする度に「いいママでいなくてはならない」「怒っちゃいけない、いつも笑顔でいなきゃならない」と大きな課題を自分に課すママたち。

他人の幸せを見て辛くなるのはもうやめませんか?

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が他人の“SNS投稿の写真に一喜一憂しない”についてお話します。

 

■人は「自慢」したい生き物

人は人から無視をされるのが怖く“誰かに認めてもらいたい”と“承認欲求”のある動物です。だから人からみて、いい面をたくさんSNSに投稿し、コメント内容や“イイね”の数を気にしたりします。多くのアプリを駆使して最高の自撮り写真をアップします。

なかなかいい面でアピール出来ない場は、電車に遅刻したことやふざけている写真など、少し自虐的な内容をアップしてまで自分を満たそうとします。

例に挙げるには飛躍し過ぎていますが、マザー・テレサはこう言っています。 

「愛の反対は憎しみではなく無関心です。人は一切れのパンではなく、愛や小さなほほえみに餓えているのです。誰からも受け入れられず、誰からも愛されず、必要とされない悲しみ、これこそが本当の飢えなのです。」

だから、人に認めてもらいたい自分を否定することはないのです。それが人間誰しも持っている自然な欲求なのですから。

 

LINEで送る