子どもが「やりたい」と言った習い事を「辞めたい」と言ってきたら?親のNGワード3つ

3月末になり新年度を迎える時期、今まで続けていた習い事を子どもが突然「辞めたい」なんて言ってくることがあります。そんな時、あなたは親としてどんな態度とったらいいでしょう。子どもの言いなりになりますか? それとも親の権限で辞めることを許さないですか?

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が習い事を辞めたいと言ってきたときの対応をお話ししたいと思います。

 

■習い事を「辞めたい」と言う子どもと「続けてほしい」と思う親 

運動が苦手な両親がいました。子どもが4歳の時「サッカーをやりたい」と言い出しました。運動音痴だった両親は“トンビが鷹を生んだ”と少し誇らしい思いがして、直ぐに申し込みをしました。

しかし、小学生になってから、他の子どもとの差がだんだんと開きチームの足を引っ張るようになり、チームの子から「お前がいるとうまくいかない」と嫌なことを言われるようになってきました。でも、子どもなりに親の期待に応えようとしばらくは、友達の心無い言葉にも耐えていました。

ところが、とうとう我慢の限界がきて「サッカーをやめたい」と言いだした子ども。

でも、そんな子どもの状況を知らず、「これからもずっと続けてほしい」と思った両親。

 

■絶対にダメな対応3つ

・どうして辞めたいなんて言うの!

・あなたが最初にやりたいと言い出したんでしょ!

・そんなやわなことでは忍耐力がつかないわよ!

始めた習い事を子どもが辞めたいと言ってきた時に絶対にやってはならない対応です。

子どもがつらい気持ちでSOSを出しているのに、さらに追い詰める脅しの言葉。こんな風に言われたら逃げ場がありません。最初はやりたくて始めた、でも今は嫌になっただけ。

さらに子どもが希望していないのに親が果たせなかった夢を託して“将来、サッカー選手に”なんて思って習い始めていたら、尚、タチが悪いです。

運動は他にもたくさんあります。また、体力は普段生活している中や公園で思い切り走って十分、身についています。忍耐力だって日常の中で我慢していることも多く、しっかりと子どもなりについています。

辞めたい理由を説得するなんて語彙が少ない子どもには不可能です。子どもが自分の思う通りにならないと「なんで」「どうして」と言いたくなりますが、これらは心の奥にぐっとしまっておきましょう。

 

■親が作ってあげる選択肢

子どもの言葉をよく分析してみましょう。

「辞めたい」と言っているだけで「明日から辞める」とは言っていないのです。ですから「どうしてそんなこと言うの」もNG、「じゃあ、明日から辞める?退会の手続きをママはしておくわ」と先走って行動するのもNG。早急に解決しなくてもいいのです。まずは「嫌だ」という気持ちを受け止めてあげましょう。

「サッカー続けるの、嫌になっちゃったんだね」「ちょっとつらくなってきたんだね」

そう伝えるだけで、「ああ、僕の気持ちを受け入れてくれた」と子どもなりに冷静に自分の感情の整理ができるようになります。そして、「ここで辞めたらもったいないな」「ここで辞めてもっと自分に向いていることをやってみよう」と続けるか辞めるのかを、自分で解決しようとするのです。そして、続ける、辞めるどちらの選択をしたとしてもそれについて意見しないことです。

 

いかがでしたか。

子どもは親の所有物ではありません。いつまでも子どもを自分の思い通りにコントロールしないようにしましょう。また、親の気持ちをわかりながら自己主張するなんて子どもなりに成長して親離れできているではありませんか。見守る気持ちも大事ですよ。

 

【関連記事】

※ 気をつけて!「コレをやると嫌われる」歓送迎会のNGマナー4つ

※ 何コレお得すぎ!? 今年から「ふるさと納税」を始めるべき3つの理由

※ 絶対にやめて!将来「子どもをダメにしてしまう」親のNG行動10個

「ママキレイ!」って言われ続けたい!自慢のママでいるために必要なケアとは

ファーストトイに選びたい!先輩ママたちが支持しているおもちゃとは?
 

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る