「お片付けをする子」に育てるためにママが見直すべき5つの習慣

212282257

家はゴミ屋敷寸前のスラム化。ママ自身が片付けが苦手、散らかっているから掃除もできない。そしてそんな時の救世主に!とお掃除ロボットを買っても、床に散乱したコード類に引っかかって止まってしまうので宝の持ち腐れに……。

子育てに忙しいママが部屋をきれいに保つことは大変なのは分かりますが、子は親をみて育ちます。片づけができない子にはしたくないですよね?

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子がお片付けをする子に育てるためのママが見直すべき習慣をお話ししたいと思います。

 

■お片付けをする子に育てるママの5つの習慣

(1)具体的な指示出し

 あなたは子どもにこんなこと言ってませんか?

「おもちゃを片付けて」「散らかさないで」

実はこれはNG。

全部、曖昧な指示で、子どもには抽象的な表現となり、具体的にどう動いてよいのかわかりません。

例えば、こんな風に言ってみてはどうでしょうか?

「ブロックはバラバラにしてブロックの箱に入れてね」

「ぬいぐるみはあそこの人形箱へ入れてきてくれる?」

「絵本は向きをこうして揃えて本棚へ入れてみて」

「大きいものから順に上に重ねようね」

 この方が断然わかり易いです。

 

LINEで送る