夫婦カウンセラーが教える!夫が妻に言われて内心「嫌がる言葉」「嬉しい言葉」

夫婦の関係は、夫婦になって初めてわかりますが一度こじれると辛くなります。恋人の時と違って、殆ど一緒にいますし、お互いの親戚との付き合いも出てきます。また、女性にとって大きな変化としては姓が変わる事です。そして、何よりも権利と義務を一緒に負う事になるわけです。

その中で、夫婦を続けるというのは覚悟も必要ですがいくら覚悟しても問題が起きないわけではありません。起きる時は突然やってきます。そういう時に、日頃のある程度の心構えがあると全然違ってきます。

今日は日頃のカウンセリングで相談者によく聞かれる事の1つである、“夫が嫌がる言葉”を具体的にご説明します。

 

■常に「自分が上」を感じてたい!

そもそも男は自分が上に立ちたい生き物です。特に夫婦の中では自分が引っ張っているという意識が強いために、夫婦の会話でも、夫は妻に“教える・説明する側”という気持ちがどこかにあります。

少なくとも、妻から“教わる事はない”“上から言われたくない”という傲慢な考えが出てきます。なぜなら、男は年齢を重ねると、会社や仕事上でも教わる立場から教える立場に変わっていきます。

若い頃は、夫婦でもそれほど知識や経験は変わらないのですが、徐々に社会的な立場や人間関係の広がりは、夫の方が進んでいきます。そして、家庭でもどうしても“自分の方が物事をわかっている”という気持ちが強くなります。 そういう気持ちでいる夫にとっては、妻に見切られた言い方には、非常に不満を持つのです 。

 

■悪気のない「どうせ」が男のプライドを傷つけている?

まずその代表格の言葉としてあがるのは「どうせ○○だよね」という言い方です。例えば、 「あなたに聞いてもどうせ同じだから、この店にしておいたから」と言われると、夫としてはそれが図星でも反感を持ちます。

「いや、俺だってたまには違うところに行くさ、何を決め付けているんだよ」 と反論したくなるのです。その言い方では、「まるで俺ががいつも何も考えていないみたいじゃないか」という意識を持たせてしまうのです。

妻としては悪気はなく、いつもと同じでいい位の感覚で「どうせ」という言葉を出すと“夫を全て読んでいる・軽んじている”と取りますので、気をつけなければいけません。

 

■分かっていても夫にコトバを選ばせる!?

そんな時は「ここで良かったかしら」 と、気を回しつつ、かつ選択を与えている言い方をすると、夫は 「ああ、いいよいつものところで、サンキュー」と感謝するくらいの反応を出します。

微妙な言い方ですが、決め付けずに、一応聞いたという形式を入れると夫も好意的な取り方をするのです。これは、夫も会社や仕事の上で、日頃交わしている会話に近いからです。

上司や部下、お客様などと話をする時に“気を配る事”や“配慮する事”が身についています。実際はわかっていてもとりあえず聞く、聞かれる、形式的に気を配る、配られるという毎日です。その中で、夫婦といえども何だか気を配られていないという会話は非常に敏感に嫌がるのです。

世の中の多くの夫は、「妻と喧嘩したら負ける」と思っていますが、プライドを傷つけられるような言葉には喧嘩というよりも、「お前はオレを大事にしてないだろう」という感情が出てしまいます。そうならないためにも、口に出す言葉は一度よく考えてから出す習慣をつけるといいのです。

 

いかがでしたか?

夫婦の中では、気付かないうちに自分勝手な言葉が増えています。そこに夫は自分の言葉に対しては自分勝手でも、妻の言葉には非常によく聞いています。特に、2人の距離が縮まりすぎて、なあなあな空気が漂いはじめるときこそ危険です。

もちろん、夫にも悪いところがあるはずですが、そこを言葉を巧みに使った方が賢いのです。賢い妻になってみては。

 

【関連記事】

※ 「他人の妊娠よろこべない…」そんな感情を手放してラクになる方法

※ 2人に1人が該当!? お姑さんが内心イラついている「旦那さんの呼び方」とは

※ お喋りなのに「人付き合いが苦手」と思ってしまう本当の理由

※ 厄介な風邪もスッキリできる!子育てに最適な簡単アロマテラピー5つ

ファーストトイに選びたい!先輩ママたちが支持しているおもちゃとは?
 

【参考】

※ 木村泰之(2014)「夫婦問題の処方箋~カウンセリング実例編~: 男の気持ちを知る力 Kindle版」 (株式会社デンショク)

 木村泰之(2014)「夫婦問題の処方箋~カウンセリング実例編~: 男の気持ちを知る力 (紙書籍)

木村泰之(2012)「幸せな夫婦になるための5つのステップ」(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊)

男の気持ちを知る力

【著者略歴】

木村泰之・・・夫婦カウンセラー。『一般社団法人夫婦問題レスキュー隊』代表理事。カウンセリング、セミナー、相談者交流会、座談会、カウンセラー養成塾などを通じて夫婦問題に悩む方にアドバイスを送る。夫婦カウンセラー木村泰之amebaブログ『夫の浮気で離婚・修復に悩む女性の味方 夫婦カウンセラー

LINEで送る