「算数脳」が自然と育つ!? 子どもを伸ばす3つのお買い物体験とは

84434983

「私は算数が苦手だったらから子どもには得意になってほしい」そんな思いからか小さいうちから○○式に通わせたり、計算ドリルをどっさりやらせているママを見かけます。

でも、実は算数の力って数字の操作やプリント学習からではなく、実体験を通して身に付くものということをご存じですか?

そしてその身近な体験がママとのお買い物。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子がお買い物で身に付く算数の力についてお話ししたいと思います。

 

■お金に触れさせる3つのチャンス

(1)商店街

便利な世の中、何でも揃うスーパーで野菜や肉を買えば、レジで一気にお店の人が計算してくれます。また、お金からお札やコインを出さなくても、クレジットカードや電子マネーを通せば支払うことが出来ます。

でも、子どもと一緒にお買い物に行く時は、お散歩も兼ねて少し遠くなっても商店街に足を運ぶ機会をつくってみましょう。肉を買うときは肉屋さん、野菜を買うときは八百屋さん。味噌屋さんがあったら味噌は味噌屋など。

こういった個人経営のお店は大型スーパーとは違って多くのお客さんを相手にしていないため、レジの流れに焦ることなく、ゆっくり買い物ができます。

200円のキャベツを買うときは、お財布から100円玉を2枚出す、216円だったら100円玉2枚と10円玉1枚と1円玉6枚を出す、など横でママがサポートしながら子どもにじっくりお買い物体験をさせてあげられるでしょう。

 

LINEで送る