80034 70680 76019 69452 79845

自分を「ダメ人間と思っている」人口率が高い国2位はアメリカ、1位は?

カウンセリングや講座などで「今の日本の子ども達は自己肯定感が低くなってしまっているんですよ」と話をすると「それはなぜですか?」「どのようなことが原因なのでしょうか?」と、質問を受けることがあります。

自己肯定感は、子どもの心の発達の土台になるものなので、とても大事なもの。これを危うい状況にしてしまうこと自体がとても危ういのです。

今日は、『子育て心理学のプロが教える輝くママの習慣』の著者・佐藤めぐみが、“現代の子ども達の心の状態”と“自己肯定感を引き上げる工夫”についてお伝えします。

 

■諸外国と大差がついた日本の子どもの「自己肯定感」

『日本青少年研究所』が青少年について定期的に調査を行っていますが、2012年に実施された日本・アメリカ・中国・韓国の高校生約7,200人を対象にした調査結果は、今の子ども達の心の状態を浮き彫りにするものでした。

「私は他の人々に劣らず価値のある人間であると思うか?」という質問に対しては、「よくあてはまる」と答えた割合は、アメリカが46.1%、中国37.4%、韓国36.5%でした。それに対し、日本はわずか7.3%だったのです。

また、こんな問いもありました。

「自分はダメな人間だと思うか?」に対しては、「よくあてはまる」と答えた割合は、韓国が3.7%、中国11.5%、アメリカ19.45%と軒並み低めなのに対し、、日本は36.0%と突出する結果に。

このように、今の日本の子ども達は、諸外国の子ども達と比較しても、自己肯定感が著しく低いのです。

 

LINEで送る