何コレお得すぎ!? 今年から「ふるさと納税」を始めるべき3つの理由

みなさんは、”ふるさと納税”をご存知ですか? 最近よくふるさと納税の特産品がテレビで取り上げられているので知っている方も多いのでは? でも、実際にやってみたかと言われると、「面倒くさそう」「仕組みがよくわからない」とまだやっていない方もいるかもしれません。

実は、2015年から少し制度が変わる予定でさらにお得で簡単になるのでご紹介します!

 

自己負担2,000円でゲットできる特産品が2倍に!

ふるさと納税は、自分の生まれ故郷や応援したい自治体に寄付をすると、2,000円を超える額については、住民税と所得税から一定の控除を受けられる制度です。

好きな自治体に寄付をすると、寄付のお礼として、特産品と寄付金の証明書が送られてきます。その証明書を添付して確定申告を行うと、「寄付金の合計額-2,000円」が戻ってくるという仕組み。

この寄付金の合計上限額が、今年から2倍になるため、今までの倍額を寄付できるようになるんです。つまりは、2,000円の自己負担でもらえる特産品も2倍に! 筆者も今まで限度額ギリギリで寄付していましたが、2倍になったことで、さらにたくさん寄付をして特産品をゲットしようと考えています。

 

■面倒な確定申告をしなくていいパターンも!

しかしやっぱり面倒なのが、確定申告。サラリーマン家庭では通常確定申告は必要ないため、余計な手間がかかります。

ですが、今回、“2015年4月1日以降の寄付かつ納付先の自治体が5つまで”の場合、確定申告が必要なくなるという嬉しい情報が! 

『ふるさと納税ワンストップ特例制度』により、ふるさと納税を利用した自治体が控除手続きをかわりに行なってくれるのです。確定申告が不要となると、かなりハードルが下がりますね!

ただ、2015年1月1日から3月31日までの寄付は確定申告が必要です。また、住宅、株式、贈与などで別途確定申告をする人は必要となりますので、ご注意ください。

 

■人気のふるさと納税特産品は?

ふるさと納税の特産品ランキングを見ると、北海道上士幌町(十勝牛)と佐賀県玄海町(いちご、黒毛和牛など)が殿堂入り。また、2月はお礼の品にパソコンが入っていると話題になった長野県飯山市が1位を獲得しました!

筆者は、有機農業の町と言われている宮崎県綾町に毎年寄付をして宮崎牛や、野菜、マンゴーをもらっています。言わずもがな美味なのに加え、からだにも安心なので、小さなお子さんのいる家庭にオススメです。こちらも4位にランクインしています。

 

いかがでしたか?

いろいろな食品や生活用品が値上げしてきている昨今、これは本当に助かりますね。制度も簡単になるのでぜひ利用してみてくださいね!

 

【関連記事】

※ 折りたたみ財布はNG!絶対に「長財布の方がお金が貯まる」理由

※ お得な「ふるさと納税」の見落としがちな要注意ポイント5つ

※ 子育て世代におすすめ!「金券ショップ」で買いたいお得アイテム

 実は日本生まれ!? 3人に1人が本命には●倍返しの「ホワイトデー」秘話とは

ママの96%がほしいといった、子どもとの思い出を4倍かわいく残せるアレとは?

 

【参考】

※ 地方創生、税で後押し ふるさと納税の限度額2倍に – 日本経済新聞

※ 2015年ふるさと納税なんでもランキング – ふるさとチョイス

 

【著者略歴】

島津優理子・・・一児の母。2010年長女の出産を機に日本語と英語のバイリンガル育児をスタート。試行錯誤しながら実践中。趣味はポーセラーツ、旅行。いつまでも若くて綺麗なママでいられるよう日々努力中。

LINEで送る