77.8%の母親を悩ます!入園前の魔の●●作業とは!?

58602499

3月もスタートし、4月の入園・入学準備に向けて準備に奔走しているママも多いのではないでしょうか? 筆者もそんなママの一人で、4月に子供の幼稚園入園を控え、”入園までに揃えなければならないグッズ”の用意に追われています。

手作りを推奨されている絵本袋、お弁当袋、コップ袋、スモッグや帽子などに加え、入園までに園での生活リズムに順応していけるようにしつけにも気を配らなくてはいけないので、3月からスケジューリングを立てておかないと直前になって大慌てに…なんて事になりがち。

今日は、そんな4月からの入園準備をスムーズに進めるコツについて紹介したいと思います。

 

■77.8%の母親を悩ます!「名前付け」作業

2014年にキングジムが25~45歳の母親 400名を対象に『新入園・新入学準備のお名前付け』に関する意識調査を行ったところ、77.8%の母親が「持ち物へのお名前付けが大変」と回答しました。

また、「お子様のお名前付けをする持ち物の点数」を聞いたところ、21~30個」18.9%、11~20個が21.4%、そしてなんと51個以上と答えた人が全体の22.7%もおり、最多となりました。

持ち物によっては手書きで名前を書かなければならないケースもあり、早めに作業をしないと徹夜なんてことにも……。特に小学生は、算数セットなど小さな小物にまでひとつひとつ名前を付けなければならないためママにかかるストレスは相当と聞きます。

 

■入園・入学準備をスムーズかつ楽しく進めるコツ3つ

とはいえ、無記名の入園・入学グッズをわが子に持たせるわけにはいきません。これらの入園準備をできるだけストレスなくこなすコツを3つ紹介します。

(1)余裕をもったスケジューリング

入園直前になって名前付け作業を始めると、いざこれが足りないと靴やハンドタオルなどを買い足した際、さらにドタバタになってきます。4月入園の場合、遅くとも入園の1週間前の3月25日頃までには登園に必要な物の名前付け作業を済ませておきましょう。

完成の日程を決めたら、1日○個終わらせる、といった目標を立て、平日が忙しいママは休日に集中して終わらせるようカレンダーなどにチェックしてきちんとスケジューリング管理しておくと、うっかり忘れもなく済みます。

 

(2)入園前の名前の練習に

余裕をもってスケジューリングをすれば、名付け作業をしながら名前を覚えたり、名前を呼んだら「はい!」と返事をする練習が子どもと一緒にできます。入園前に自分の名前のひらがなをなんとなくでも覚えておくと、これからひらがなを覚える時に覚えやすく、返事の練習もしておくと入園式や今後の園での生活で先生から名前を呼ばれた時にも元気よく「はい!」と返事ができるようになります。

名付け作業をママの作業と捉えず、子どもとのしつけの一部として楽しくこなすとよいでしょう。

 

(3)名前付けサービスの利用

とにかく時間がない!というママは思い切って名付けサービスに頼ってしまいましょう。最近は働くママが多いため名付けサービスも充実しており、オムツにも使えるスタンプタイプのものや、食器など水にも強いインクのものがあり、今後幼稚園や小学校に進級しても長く使えるものが多く便利です。

筆者は裁縫が得意な親戚に子供好みの布で必要なグッズを作成してもらいました。忙しければ無理をせず、自分の母親に頼んでみたり、名付けスタンプを利用する、というように自分にあったやり方を選べば、ママの負担も軽くなりますね。

 

いかがでしたか?

確かに面倒な作業ではありますが、きちんとスケジューリングして向き合えば必要以上に悩む必要もなくなります。「まだ何も手を付けていない…」なんてママもぜひ今から4月の子共の楽しい新生活に向けて準備を進めてみましょう!

 

【関連記事】

※ 絶対にやめて!将来「子どもをダメにしてしまう」親のNG行動10個

※ やっぱり!? 子どもが生まれても「寝室が同室」の夫婦は●●にも積極的

※ 折りたたみ財布はNG!絶対に「長財布の方がお金が貯まる」理由

※ 健康と食育のために!安いモノより「良い食材」を選んだ方が良い理由

※ ママの96%がほしいといった、子どもとの思い出を4倍かわいく残せるアレとは?

 

【参考】

※ 「新入園・新入学準備のお名前付け」に関する意識調査 – リサーチ・リサーチ

【著者略歴】

新里百合子・・・ママブロガー・コラムニスト・読者モデル。3歳の頃から日本舞踊を始め、27年間日本の伝統芸能を学ぶ。高校卒業後はアメリカに留学、帰国後は主に英語環境下で働きながら普通の人生を謳歌するも、妊娠をきっかけに退職。2012年に女児を出産した後、ママ番組へのレギュラー出演などを経て、コラムニストとしてライティングの仕事をこなす傍らママブロガー活動を行う。

LINEで送る