専門家に聞いた!3歳までの「子ども貯金額」いくらが理想?

153017426

一般的に子ども1人にかかる教育費は1,000万円、ALL私立だと2,000万円以上とも言われています。大学入学時にはまとまったお金が必要になるので、別途300万円程度は貯金しておきたいもの。

かわいいわが子の将来のためとは言え、家のローンや子どもの成長と共に増える食費……何かと出費がつきません。

今回は2人の子どもの母親でもあるファイナンシャルプランナーの筆者が、子どものための貯金と苦しまないで貯金をするコツについてお話します。

 

■子ども貯金とは?

子どもが生まれてから学資保険に加入したり、子ども名義の預金通帳を作ったり……と、なんらかの形で、子どもの将来のための貯金をしている方は多いのではないでしょうか?

他の口座と一緒の“なんとなくの貯金“では、家を買う時の頭金などに使ったりして教育費が不足するケースが見られます。

そのため、子どもが生まれたらすぐ別口座に子ども貯金用としてきちんと貯金を始めるのが理想です。

■3歳までの「子ども貯金」理想額とは?

このような子ども貯金、大学入学時までには、最低でも300万円は欲しいといいましたが、実際には子供が大きくなればなるほど塾や習い事の費用もかさみ、貯金が大変になってきます。ですから、300万円のうち、100万円を3歳までに貯めるのが理想です。

3歳までに100万円!?と思うかもしれませんが、そう難しいことではありません。

児童手当が3歳までは月に1.5万円支給されますので(所得制限がかからない場合)、1万円を家計からプラスすれば、毎月2.5万円を貯金できます。すると貯金額は3年間で90万円。他に出産祝いや初節句などで頂くお祝い金を10万円貯金すれば100万円になり、目標達成です。

幼稚園は授業料がかかるので児童手当だけでもよいでしょう。小学校は児童手当1万円に家計から1万円をプラスして、月に2万円を貯金。これで、幼稚園から小学校までで180万円貯めることができます。

中学生では、塾や部活動の出費が増えますので、児童手当の毎月1万円のみを貯金。3年間で36万円になります。

以上をすべて合計すると316万となり、目標を達成します!

 

いかがでしたか?

節約してお金を残そうとすると、心理的にも苦しいものです。

苦しまないで子ども貯金をするコツは、先取りのしくみを上手に利用することです。

児童手当の振込み口座は生活用口座と分けておく。家計からの子ども貯金も給料引き落とし口座から自動的に積み立て。しかも、お金がかからない3歳までと小学生の時だけ。これで子どもの将来のための300万円を用意できます。

あなたも今すぐ、子ども貯金をスタートしましょう!

【関連記事】

※ 昨年より「1万円」でも多く貯めるためには?タイプ別お金の管理法

※ 【マネーのプロが伝授】子どもの将来へとつながる「お年玉」の貯め方・渡し方

※ みんなどのくらい貯めているの?確実に「先取り貯蓄できる人」になる方法

※ 親の金銭感覚は子どもに影響大!将来「お金に困らない」子に育てる方法

※ 7,500人以上教えた専門家がズバリ!キャラ弁を「止めたほうがイイ」理由

【PICK UP! Sponsored 記事】

 

子どもが加害者になることも… 自転車保険って実際どうなの? 

※ フォトカレンダーが成長記録に!子供も両親もハッピーになる子育てママ絶賛アプリ♡

マネー管理だけじゃなく美容管理も!「ママ年齢3歳」からのスキンケア

先行投資!? あの『ディズニーの英語システム』わくわく英語体験でベビーもご機嫌♪

【姉妹サイト】

逆効果だった!すればするほど「夫婦関係が険悪になる」妻の行動3つ

※ 結局、年齢なの?「出産したい女性」が知っておくべきAMHとは

【著者略歴】

※福島佳奈美・・・大学卒業後、情報システム会社で金融系SE(システムエンジニア)として勤務し、出産を機に退社。結婚、出産、育児…と目まぐるしく変わる生活の中で、慣れない家計管理に頭を悩ませ、子育て中の2006年にファイナンシャルプランナー(CFP®)資格を取得する。保険、住宅ローン、教育費、老後資金などのお金に関する話を教わる機会はなく、知らなくて困っている人がいるのではないか、と思いFPとして活動することを決意。その後、子育てママ向けセミナー講師、幅広いテーマでのマネーコラム執筆、個人相談などを中心に活動。身近なお金の話を分かりやすく伝えることを得意とする独立系FP。二児の母。

【画像】

※ shutterstock

LINEで送る