専門家に聞いた!3歳までの「子ども貯金額」いくらが理想?

153017426
source:https://www.shutterstock.com/

文部科学省の平成28年度子供の学習費調査によれば、幼稚園3歳から高等学校第3学年までの15年間の学習費総額はすべて公立だと約540万円、すべて私立だと1,700万円以上とされています。(※1)

大学入学時にはまとまったお金が必要になるので、別途300万円程度は貯金しておきたいもの。

かわいいわが子の将来のためとは言え、家のローンや子どもの成長と共に増える食費……何かと出費がつきません。

今回は2人の子どもの母親でもあるファイナンシャルプランナーに、子どものための貯金と苦しまないで貯金をするコツについてお話いただきます。

 

▼「子ども貯金」とは?

子どもが生まれてから学資保険に加入したり、子ども名義の預金通帳を作ったり……と、なんらかの形で、子どもの将来のための貯金をしている方は多いのではないでしょうか?

他の口座と一緒の“なんとなくの貯金“では、家を買う時の頭金などに使ったりして教育費が不足するケースが見られます。

そのため、子どもが生まれたらすぐ別口座に子ども貯金用としてきちんと貯金を始めるのが理想です。

関連記事: 昨年より「1万円」でも多く貯めるためには?タイプ別お金の管理法

 

▼3歳までの「子ども貯金」の理想額とは?

source:https://www.shutterstock.com/

このような子ども貯金、大学入学時までには、最低でも300万円は欲しいといいましたが、実際には子どもが大きくなればなるほど塾や習い事の費用もかさみ、貯金が大変になってきます。

ですから、300万円のうち、100万円を3歳までに貯めるのが理想に思います。

3歳までに100万円!?と思うかもしれませんが、そう難しいことではありません。

児童手当が3歳までは月に1.5万円支給されますので(所得制限がかからない場合)、1万円を家計からプラスすれば、毎月2.5万円を貯金できます。すると貯金額は3年間で90万円。

他に出産祝いや初節句などで頂くお祝い金を10万円貯金すれば100万円になり、目標達成です。

幼稚園は授業料がかかるので児童手当だけでもよいでしょう。小学校は児童手当1万円に家計から1万円をプラスして、月に2万円を貯金。これで、幼稚園から小学校までで180万円貯めることができます。

中学生では、塾や部活動の出費が増えますので、児童手当の毎月1万円のみを貯金。3年間で36万円になります。

以上をすべて合計すると316万となり、目標を達成します!

関連記事: 【マネーのプロが伝授】子どもの将来へとつながる「お年玉」の貯め方・渡し方

 

節約してお金を残そうとすると、心理的にも苦しいものです。

苦しまないで子ども貯金をするコツは、先取りのしくみを上手に利用することです。

児童手当の振込み口座は生活用口座と分けておく。家計からの子ども貯金も給料引き落とし口座から自動的に積み立て。

しかも、お金がかからない3歳までと小学生の時だけ。これで子どもの将来のための300万円を用意できます。

あなたも今すぐ、子ども貯金をスタートしましょう!

 

【参考・画像】
※ 平成28年度子供の学習費調査 調査結果の概要(PDF)- 文部科学省 
※ ipag collection、Africa Studio, / shutterstock

【関連記事】

※ 貯金の勝ち組になる!「+1万円」を生む家計黒字化プランの立て方

※ 【マネーのプロが伝授】子どもの将来へとつながる「お年玉」の貯め方・渡し方

※ 【幼稚園のマネー事情】入園時と入園後でかかる費用は?

世帯年収800万、住宅ローンの妥当な額は?【FPが解説!】

※ おしゃれママのバッグの中身を拝見!お気に入りアイテムをご紹介♡[PR]

※ 「安心安全」な製品選びってどうしている?おしゃれな3児ママご自宅を取材してきました♪[PR]

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る