意外な結論!将来「子供を不幸にする親」「幸せにする親」の違いココにあり

170804582

この世に生を受け「一生、幸せな子になってほしい」と願いを込められ、パパとママの想いを受けた名が付けられた子どもたち。本当に幸せになる子もいれば、そうでない子もいます。

それはズバリ、親の対応次第で決まります!

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“子どもを不幸にする親・幸せにする親”についてお話ししたいと思います。

 

■こんなに違う!「泣く子ども」への180度違う親の対応

●病院での光景編

筆者が見た病院でのこんな光景があります。

病院の待合室で診察室から聞こえてくる子どもの泣き声。出てきたママがこう言いました。「我慢して偉かったね。注射痛かったね。怖かったね、おうち帰って御飯食べようね」これぞママと言えるような優しい声でした。

別の光景、

診察室から聞こえてくる子どもの泣き声。出てきたママが怖い顔をして言いました。

「そんなことくらいで泣くんじゃない!注射なんて痛いのは一瞬でしょ!」

「泣き虫ね!いつまでも泣いていないの!しっかりしなさい!」

怖い顔でまくし立てていました。

注射で泣いてしまったこ子どもに対して180度違うこの対応。親によってこうも違います。子どもは親を選べません。そして、不幸になる子は「泣いているのを叱られた」経験をした子でしょう。

痛くて泣いているのに泣いていることを怒られる。こうなると子どもは感情の持っていき場がありません。

ママは「強い子に育ってほしい」という願いで励ましているつもりなんでしょうが、こんな体験をしてオアシスを失った子は今後不安感で一杯になります。

守ってやるべき親の態度かいつもこうだと“根なし草”のように鬱っぽい人生になるキケンが高くなるでしょう。未知のものに果敢に向かっていく挑戦意欲も湧きません。

これでは幸せではありませんよね。

関連記事:「打たれ弱い子」の特徴って?親が無意識にやっているNG行動5つ

 

●夕飯前の光景編

もう夕飯の時刻です。子どもはおもちゃで遊んでいつまでも食卓に着きません。

ママは優しく言いました。

「もうご飯の時間だからお片付けしようね」「ママとどっちが早く積み木を片付けられるかな。よ~い、ドン!」と楽しくお片付け。子どもが1個でも積み木を片付けたら「すご~い!偉いね!」と褒めてあげます。

食事中「美味しいね~」「○○ちゃん、沢山食べて大きくなってね。」とニコニコ見守っています。

また、別のママ

いつまでも遊んでいる子どもに鬼のような顔で脅しました。

「おもちゃ片付けなかったら夕飯抜きよ!」

あせった子どもは慌てて片付けます。でも、ママは特に褒めることもなく無言……。

食事がスタート。

グズグス食べていたら「早く食べなさい」と叱りつけます。叱られた子どもは詰め込むように食べます。今度は「行儀が悪い」と怒鳴られます。

何とかママの指示するペースで必死に食べている子。すると「残さず食べなさい!好き嫌いしたらデザートのプリンはなしよ!」と言いました。

これではもうどう転んでもママの要求には応えられそうにありません。楽しい筈の食事時間がいつも緊張状態……。

将来、この子が大人になった時、「美味しいもの食べたい」とか「料理したい」とか思うようにはなりません。家族との食事の時間に、楽しい記憶がないのはちょっと不幸ですよね。

関連記事:子どもが「ご飯を食べてくれないイライラ」が一瞬で消える裏技

 

親の対応一つで子どもの心は変わります。そして幸せな子になるか、そうでない子になるかがこの対応で分かれていきます。

少し内容は衝撃的ですが、スーザン・フォワードの著書『毒になる親 一生苦しむ子供』は何か参考になるものが隠されている書籍です。

また、毒親と180度違うタイプで、筆者の著書『テキトー母さん』の中の親子のこんな一コマから“テキトーに生きる”参考の一つとしてご紹介します。力を入れすぎない、こんなママの対応は子どもにもママにもストレスがない心地よい関係をつくれるハズですよ!

tekito-16

【関連記事】

あわせて読みたい人気の連載はコチラ▼

※ ガミガミ叱らないママは「●●の法則」を駆使しているって気づいてた?

※ しっかりした子は「ゆるくテキトー」な母親から育まれる理由

※ 3歳~「ママ見て!」ばかり繰り返す子への対応3つ

※ 息子の「幼稚園休みたい」発言で気づいた、子育てのゴールとは

※ そうだったのか!子どもが「嘘をつきやすくなる」心理と親の対応

【参考】

※ スザン・フォワード(2001)『毒になる親 一生苦しむ子供』(講談社+α文庫) 
立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る