子どもの「らしさ」をグンと伸ばす!デキるママのプロファイリング育児とは

70051036

上の子はスムーズに行ったのに、下の子は同じようにはいかない。お友達のAちゃんは飛びついた知育教材のようたけど、うちの子はさっぱり……。こういう体験ないですか?

たとえ兄弟であれ、全く好みや性格が違うなど、子どもの個性はさまざま。それは人間が生まれながらにしてもつある特性に関係しています。

今日は、『子育て心理学のプロが教える 輝くママの習慣』の著者・佐藤めぐみが、子供の個性を理解し、“らしさ”を引き出すママのアプローチ術についてお伝えします。

 

■世界でたった1人の存在

私は育児相談などで、その子のことをより深く理解するために、気性のプロファイルをママと一緒に作成することがあります。それはどのようなものかというと、“その子らしさ”をビジュアルで確認するためのプロファイリングです。

人間が生まれながらにして持つと言われている特性は9つあることが知られていて(積極性、集中力、気難しさ、など)プロファイリングではその9つの特性それぞれを、強、中、弱と3つの段階に分けていきます。

その過程で改めて感じるのは、9つの特性が全て同じ度合いで重なるという子は2人といない、ということ。俗にいう「その子らしさ」とは、9つもの特性が複雑に絡み合った状態を意味するので、世界でたった1人しか存在しえないのです。

兄弟であっても個性が違う。だからママの接し方もその子に合うやり方に変える必要があります。

 

■「その子らしさ」は変わらない、変えてはいけない大事なもの

その子に合った接し方にする、言うのは簡単ですが、やるのはなかなか難しいもの。「この子に合ったやり方って?」と考えるときに、まず踏まえなくてはいけないポイントがあります。

それは“その子らしさ”は、生まれ持ったものであり、周りが変えようとして変えられるものではないということです。

育児で悩んでいるママの多くは、この変えられないものを変えようということにエネルギーを注いでいることがあります。子供からすれば、それはプレッシャー。「自分らしさ」を塗り替えようとするママに反発を覚えます。一方のママは、いくら言っても変わらない我が子にイライラ。これでは母子ともにハッピーではありませんね。

どんなに頑張って多くの時間とエネルギーを費やしても変えられないもの、それが気性、個性というものです。例えば、生まれつき引っ込み思案な子にとっては、友達の輪に入っていくのはとても勇気のいること。それを「なんでできないの!」と言ってしまっては、突き放した対応になってしまいます。

 

■変えられるのはママのアプローチ

育児で上手くいかないなと感じたとき、「私は、変えられないものを、変えようとしているのではないか?」と自問することで、原因が見えてくることがよくあります。

お子さんがなぜか反発するのも、それはもしかしたら、お腹の中にいる時から育まれた特性で「“ボクらしさ”をつぶさないで!」というお子さんからのサインかもしれません。

「○○すると、○○がアップ!」のような育児情報は、確かに魅力的です。我が子の可能性を最大限に広げてあげたいと思うあまり、あれもこれもトライしたくなります。でも、まずは「うちの子に合っているかな?」を考え、それがイエスだったら、まずは「やってみる?」と子どもに問いかけて意見を聞いてから試してみると良いでしょう。

 

育児で何より大事なのは、我が子の“らしさ”を理解し、それをママがしっかりと受け入れること。この”受け入れ”ができた時、お子さんとの時間が良い方向に回り始めるはずです。

自分とは違う一人の人間として、かけがえのない存在である我が子をまるごと受け入れる、それがその子が自分の人生を歩む第一歩となります。

【関連記事】

※ まだ叱ってるの?子どもが自然と「問題を解決できる」力をつける3プログラム

※ 絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

※ 愛しているのに「将来子供を不幸にする」親の特徴4つ

※ 世界の子どもの朝ごはん!トップを飾った「日本の朝食」とは

直した方がイイの!? 「左利き」だと社会で不便に感じる7つのこと 

 

【著者略歴】

※ 佐藤めぐみ・・・心理学がベースのポジティブ子育て『プラス思考育児メソッド』でママをサポートする『ポジカフェ』主宰。

ママ向けストレス診断、悩み相談、叱り方教室 『ポジカリ講座』 など育児コンサルタントとして活動中。著書は、『子育て心理学のプロが教える輝くママの習慣』(あさ出版)『叱るときのイライラがなくなる! 子育て心理学のプロ 佐藤めぐみの「ポジカリ」メソッド』 (All About Books)[Kindle版]など。

LINEで送る