「最初の1本」が肝心だった!キレイな歯並びのための大切なケア

shutterstock_65849035

赤ちゃんに生えてきた可愛らしい、小さな歯。笑ったときにキラリと光る白い歯はなんとも印象的。

でも1本、2本と本数が増えるにつれて歯並びが心配になるママも多いです。特にママ自身、歯並びに自信がなかったり、矯正した経験があると我が子には自然にキレイな歯並びになってほしいと強く願うのではないでしょうか。

今回はママ歯科医師である筆者が赤ちゃんからできる歯並びケアについてお教えします。

 

■ 子どもの歯並びはいつ決まる?

生後6ヶ月頃から生えてくる乳歯ですが、その後1番奥の乳歯が生えるのは2歳半以降。6歳頃になると、永久歯へ生え替わる時期となり、スペースが不足すると重なって歯が生えたりとトラブル続出。

乳歯の時は歯並びがキレイだったのに……、と悩むママが多くなります。そんな悩みを抱えるまえに、ぜひ長いビジョンで乳歯の時期からケアを始めましょう!

 

■ 将来の美しい口元のために気をつけたい6つのポイント

乳歯だけの時期は5歳頃まで。その時期に気をつけたいポイントをピックアップしました。

(1)母乳

おっぱいを飲む際に、赤ちゃんは舌と下顎で乳首を上顎にしっかり固定して、しごくようにして飲んでいます。この運動が顎の発達につながります。最近はこの口の動きが研究され、哺乳瓶にも活かされています。

哺乳瓶を使う際は、おっぱいから飲むときに近いタイプのものをセレクトするとよいでしょう。

(2)むし歯

むし歯で穴が空いて歯の大きさが小さくなってしまうことがあります。そのままにしておくと、永久歯の生える場所が不足してしまいます。むし歯はきちんと完治させしましょう。歯を抜く場合はスペースを保つための装置がありますので、小児歯科で相談しましょう。

(3)食生活

小さい頃からよく噛んで食べる習慣が身についていると、土台である顎の骨も発達します。でもいきなり硬いものを与えても食べられません。離乳食は月齢だけでなく、子どもの歯の本数に合わせて進めていきましょう。椅子の下で足が床につくよう、姿勢にも気をつけて。

前歯も奥歯も右側も左側もまんべんなく使うことがポイントです。

 (4) 歯と歯の隙間

「うちの子、すきっ歯ですが大丈夫ですか?」という質問を受けることがあります。実はすき間がある方が乳歯列としては十分にスペースがあり、いい歯並びなのです。

(5) 口呼吸

最近はアレルギー性鼻炎の子どもが増えており、口呼吸につながることも。小さい頃からの耳鼻科でのケアが必要です。

また、TVを見ているときにポカンと口を開けているのもNG。歯は唇の力で自然に押されることでキレイな位置に並びます。小さな頃から美しい口元を意識させましょう。

(6)指しゃぶり

指しゃぶりは歯並びに影響するため、4歳までに卒業しましょう。おしゃぶりも同じような影響があるので、2歳のバースデーにはバイバイしようねとお話します。下顎を突き出す、唇を噛む、頬杖といった癖も歯並びに影響します。

いずれも癖はきつく注意するのではなく、気持ちを他に向ける、思い切り外で遊ぶといった工夫が必要です。

 

歯並びは遺伝もありますが、他にも色々な要素が積み重なって出来上がってきます。ママがサポートできる点も多いのです。ぜひキレイな歯並びを我が子にプレゼントしてあげたいですね。

【関連記事】

※ 絶対にやめて!将来「子どもをダメにしてしまう」親のNG行動10個

※ 夫が毎日ルンルンで「ただいま~!」と帰ってくる家にある5つのモノとは?

 「赤ちゃん肌=潤ってる」は間違い!? 母子でできる乾燥肌対策

※ 妻の笑顔と「おかえりなさい」の一言が夫にとって大事な理由

※ 愛される妻が夫にしている「家事のダメ出し術」3つ

【参考】

子どもたちの口と歯の相談室 ‐ 日本小児歯科学会

母乳実感 ‐ ピジョン

倉治ななえ (2005) 『子どもの歯をじょうぶにきれいに』 (主婦の友社)

【筆者略歴】

進藤ゆきこ・・・専門家ライター。自身も子育て真っ最中の歯科医師、歯学博士。「毎日のオーラルケアをママとベビーのハッピータイムに」をモットーに、親子でお口の健康をもっと身近に感じてもらえるよう取り組んでいる。

LINEで送る