アナタは何タイプ?「思考グセ」別ハッピーマインドリセット術

145276261

話題のドラマを一緒に見ても、そのリアクションは人それぞれ。大感動して号泣する人、シラ~ッと無感情な人、そして憤慨する人……。普段の生活でも、感じ方って人それぞれ違うなって思うこと、多いですよね。その違いってどこから来ると思いますか? それは“思考スタイル”というもの。

よく、「あなたってプラス思考ね」「なんだかマイナス思考になっちゃう」などと言いますね。まさにアレです。

実はこの思考スタイル、私達の幸福感やストレスレベルなどに直結している大事なもの。できれば、幸福感が高く、ストレスは溜めない、そんな思考スタイルにしていきたいですよね。

そこで今日は、思考スタイルを磨くコツについて、『子育て心理学のプロが教える輝くママの習慣』の著者・佐藤めぐみがお伝えしていきます。

 
■アナタの思考スタイルは何タイプ?
 
まずは次の3例を見てください。あなたの心の中はA、Bのどちらに近いですか?
  
(1)今日は12時から○○の会。幹事が体調不良で欠席、いきなりスピーチを任された
 
A.「失敗したらどうしよう!」「言葉につまったらどうしよう!」
 
B.「もう腹をくくってやるしかないわね。まだ1時間あるわ」
 
(2)朝の送り迎えの時間、クラスのママたちが3人で小声で話していた

A.「入りづらい……。私、なにか失礼なことしたかな?」

B.まったく気にしない
 
(3)スーパーのレジにて。店員さんが超スローな対応

A.「店員たるもの、客を待たせるべきじゃない! こっちは時間がないのよ」

B.「もしかしてこの店員さん、入ったばかりなのかな」
 
  
■思考が感情や行動に与える影響とは?

日々の生活の中のイライラや不安感。それらは一体どこから来るのでしょう?

よくあるのが、今置かれている状況が悪いからイライラ、不安になる
 
のように、自分の置かれた境遇が”直接”イライラや不安を引き起こしているという図式。

上のチェック項目(4)を使うと、「私が今イライラしているのは、この店員さんの対応が遅いからだ」のような感じです。

でもそれだったら、みんなが同じレベルのイライラになるはずです。実際周りを見渡せば、同じ状況に置かれても、イライラする人、しない人がいますよね。実は、状況とイライラの間に、見えない1クッションがあるからなんです。そう、思考スタイルです。
 
1.今置かれている状況を

2.どう捉えるかで

3.イライラするか、しないかが決まる
 
という3ステップなんですね。
 
上の例では、Aがストレスに発展しやすいパターン、Bがストレスになりにくいパターンです。

そして、ストレスの中でも、例1のAは不安タイプ、例2のAはモヤモヤタイプ、例3のAはイライラタイプと分けることができます。
 
 
■カンタン!マインドリセット術3タイプ 

●不安タイプ

代表的な口グセは「どうしよう!」。

心の中で「どうしよう、どうしよう」と未来のことを悪い方に考えることに時間を費やしてしまうことで、本業に力を注げなくなり、結果、実力が出しきれないという負の連鎖が起きます。このタイプの人は「どうしよう」を禁句にし、「やるしかない」「できるところからはじめよう」に置き換えると、やるべきことに力を注ぎやすくなり、余計な不安を解消することができます。

 
●モヤモヤタイプ

心の中で「もしかして…」「…にちがいない」と過ぎたことを反芻するクセがあります。

その時間が長ければ長いほど、モヤモヤした気持ちを引きずることに。特に人間関係の悩みにつながりやすいので、「本当のところは本人にしか分からないんだから」「想像で勝手に結論づけてはもったいない」と反芻を中断するクセをつけていきましょう。
 
●イライラタイプ

相手に対して高いハードルを設定していることが多く、「○○すべきだ」「○○すべきでない」が口グセです。

しかし、相手へのハードルは高ければ高いほど、自分に跳ね返ってくるという現象が起きるので要注意! 相手へのハードルを高めるということは、裏を返せば、自分の許容範囲を狭めていくことだからです。それよりは、「○○だったらいいな」「できれば○○してほしいな」とやんわり言い換えた方が、自分の許容範囲を広げることができ、イライラしにくくなります。

 

いかがでしたか?

ぜひ、ご自分の思考スタイルのクセを見つけ、ポジティブな方へとリセットしてみてくださいね!

 

【関連記事】

※ コレは意外!子どもを「空気の読めない人」に育ててしまうママのタイプ3つ

※ チョコ嫌いな男性が思わず「おッ!」と喜ぶ知的なバレンタインギフト

 「赤ちゃん肌=潤ってる」は間違い!? 母子でできる乾燥肌対策

※ 妻の笑顔と「おかえりなさい」の一言が夫にとって大事な理由

※ 愛される妻が夫にしている「家事のダメ出し術」3つ

【著者略歴】

※ 佐藤めぐみ・・・心理学がベースのポジティブ子育て『プラス思考育児メソッド』でママをサポートする『ポジカフェ』主宰。
ママ向けストレス診断、悩み相談、叱り方教室 『ポジカリ講座』 など育児コンサルタントとして活動中。著書は、『子育て心理学のプロが教える輝くママの習慣』(あさ出版)『叱るときのイライラがなくなる! 子育て心理学のプロ 佐藤めぐみの「ポジカリ」メソッド』 (All About Books)[Kindle版]など。

LINEで送る