本命チョコより高い!アラサー女子「自分チョコ」の平均予算はなんと●●円と判明

もうすぐバレンタインですね! 日みなさんもパパやママ友、同僚などにチョコレートをプレゼントしますか? ある調査によると、今年は“自分チョコ”の予算が2004年以来過去最高金額であり、本命チョコや義理チョコ用予算を上回ることが分かったのだとか。 

ポリフェノールが豊富で、美容・健康食としても注目を集めているチョコレートですから、バレンタインはあげるだけでなく自分にとっても“美味しい”日にしたいですよね。そこで、昨今のバレンタイン事情と、自分ご褒美にとっておきのチョコレート4選をご紹介します。

 

本命、義理より高い「自分チョコ」の平均予算とは?

プランタン銀座が行なったアンケート(回答者女性 414 名、平均年齢38.2歳のうち独身57%、既婚43 %、子どもあり20%)によると、本命チョコ平均予算が3,300円、義理チョコ1個当たりのところ1,267円のところ、自分チョコの平均予算そのどちらも上回る“3,954円”という結果に。

さらに、自分チョコを用意する女性も58%と半分以上。この調査における既婚女性の割合の影響もあるかと思われますが、バレンタインを“世界中のチョコが楽しめる「チョコレートの祭典」”や“自分でチョコレートを楽しむ日”としている女性も増加中! 自分へのご褒美として、少し高価なチョコレートを買う女性が増えているのですね!

 

“自分買い”にオススメのチョコ4選

(1)ROYCE/生チョコレート

多くの女性が「おいしい!」と言うロイズの生チョコレート。特にオススメなのは、“シャンパン(ピエール・ミニョン)”。シャンパン味の生チョコなんです! フルーティーなシャンパンが爽やかに香るこちらのチョコレート、ボンボンのようなアルコール臭はなく、ほんのりお酒感を楽しめる大人の味。

 

(2)PIERRE MARCOLINI/クールフランボワーズ

値段は少し張りますが、自分へのご褒美にピッタリのチョコレート。特につるつるした赤いハートのチョコレート”クールフランボワーズ”が美味。ホワイトチョコレートの中に甘酸っぱいラズベリーのガナッシュが入っています。この見た目に心をくすぐられない女性はいないはず! ゆっくり味わいたい一粒です。

 

(3)DEMEL/ザッハトルテ

チョコ好きにはたまらないご褒美チョコケーキ。『DEMEL』のザッハトルテは、とても濃厚で口どけも舌触りもよく、食べ応えあり! また、高級感のある木箱に入っているので、見た目も◎。そして、ワインにも合うんです! ギフトにもオススメですが、自分へのご褒美にいかがですか?

 

(4)Lindt/LINDOR

世界中で大人気の『リンドール』。以前は、海外土産でもらうことが多かったですが、最近は日本でもよく見かけます。チョコレートが2層になっていて、絶妙な口どけ。筆者が特にオススメする味は、“エキストラダーク”。ほどよい甘さがやみつきになります。1個ずつ個包装になっており、気軽に食べられるため、ママのプチブレイクにピッタリです。

 

いかがでしたか?

パパ用やママ友、同僚用の準備って「正直、面倒くさーい!」なんて思っていた方も、堂々とチョコを楽しめる日として、ご褒美チョコ選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

※ 68%の経験者がオススメ!ダラダラにならない「●●のある同棲」とは

8組に1組が●●で決断!結婚に踏み切る意外な理由とは

折りたたみ財布はNG!絶対に「長財布の方がお金が貯まる」理由

コレは意外!子どもを「空気の読めない人」に育ててしまうママのタイプ3つ

※ 赤ちゃんの発育の為に!妊娠中はもちろん授乳中にも飲みたいアレ!

【参考】

※ 2015年版 バレンタインデーに関する女性の意識調査結果 – PRINTEMPS GINZA

※ ROYCE’

※ PIERRE MARCOLINI

※ DEMEL

※ Lindt

LINEで送る