イタいってば~!授乳時に赤ちゃんが「おっぱいを噛む」理由5つと意外な対処法

イタいってば~!授乳時に赤ちゃんが「おっぱいを噛む」理由5つと意外な対処法

イタいってば~!授乳時に赤ちゃんが「おっぱいを噛む」理由5つと意外な対処法

「イタイイタイ!」ある日授乳中に突然、わが子におっぱいを噛まれた!という経験はありませんか?

さらに、また噛まれるのでは……と思うと授乳の時間が苦痛になるばかりか、せっかく頑張って母乳育児をしているのに「どうして噛まれるの……?」と悲しい気持ちになりますよね。

噛まれるのは仕方がないと思いがちですが、実は赤ちゃんがおっぱいを噛むのにはそれなりの理由があるのです! 今回は赤ちゃんにおっぱいを噛まれてしまう理由と対処法をご紹介します。

 

■原因はママにある!? 赤ちゃんがおっぱいを噛む理由5つ

(1)おっぱいがマズい

ママが食べたものはおっぱいの味にダイレクトに影響を与えます。脂肪分の多い食事が続いたり、ジャンキーな食事が続いたり、コーヒーやお茶を飲んだ直後など、「おっぱいが美味しくない!」「いつもと違う!」「さっぱりしたおっぱいが飲みたい!」とママに伝えるために赤ちゃんはおっぱいを噛むことがあります。

 

(2)ながら授乳をしている

スマホやTVを見ながらの授乳や誰かと話しながら……など“ながら”授乳を赤ちゃんは嫌がります。お母さんの気持ちや視線が自分からそれていることに敏感なのですね。

 

(3)おっぱいが欲しくないタイミングにあげている

離乳食が進んでいる場合は、おっぱいが欲しいのではなく、お湯やお茶を要求していることも。

 

(4)新しい歯が生えかけてムズ痒い時 

これも結構メジャーな要因。お口の中をしっかりチェックして乳歯ケアに備えましょうね。 

 

(5)遊び心が芽生えた

ある程度満腹感を得たときに乳首を噛んでみたらママが大げさな反応をしておもしろかったから、また噛んでやろうなんていう、赤ちゃんの遊び心が起因しているケースも。

イタズラ心でおっぱいを噛む直前は、ニヤニヤし始めたり、なにかを企んでいそうな目をしたり、なんとなく雰囲気でわかるもの。筆者も現在授乳中で時々噛まれるのですが、噛まれる時は息子がいたずらっ子な顔つきになるので予測できます。

 

赤ちゃんはおっぱいの味の変化やママの態度に非常に敏感なことがわかりますね。

LINEで送る