妊娠時「何キロ増」すればイイの?赤ちゃんにとって理想の太り方とは

妊娠時「何キロ増」すればイイの?赤ちゃんにとって理想の太り方とは

妊娠すると誰もが経験する“体重の増加”。

病院に行くたびに厳しい指導を受けて気が滅入ってしまうプレママって実は少なくありません。筆者も妊娠初期に急ピッチで体重が増加し、病院から食事指導をされそうになった“苦~い”経験があります。

最近では芸能人やモデルの個人ブログなどで、「本当に妊婦なの!?」と疑いたくなるほどスリムなまま出産まで至る過程を綴っているケースもあって、妙にプレッシャーを感じている妊婦さんもいるかもしれません。

しかし、“そもそも論”として妊娠期における体重増加は必要なこと。そこで今回は意外と知らない“妊娠中の体重事情”についてご紹介します!

 

体重増加の推奨値は「妊娠前の体格」で異なる!

先輩ママに話を聞くと、人によって“何キロまではOKだと思って増やしていた”というボーダーが違っていて、どれが正しい情報なのかわからなくなってしまったという経験はありませんか?

実はこれは当たり前のことで、妊娠前の BMI(Body Mass Index)によって妊娠による体重増加の推奨値が異なるためなんです。

厚生労働省 によれば、妊娠前のBMIと妊娠期に増やしてよい体重の推奨値との関係は以下の通りとなっています。

-BMI<18.5(やせ)の場合; 9 ~ 12kg

-BMI18.5~25(普通)の場合; 7 ~ 12kg

-BMI≧25(肥満)の場合; 個別に検討

このように一応BMIに基づいて設定されてはいますが、意外と“ざっくり”ですよね。実情として、この基準よりも厳しく指導する産院の方針も尊重されていて、人によってかなり目標値が異なっているのです。産婦人科学会でも、

わが国では妊婦の体重増加に関して目的の異なる複数の指針がありコンセンサスは得られていない

と言っているほど、体重増加の推奨値はあくまで“目安”でしかありません。

まずは自分のBMIを計算し、体重増加の推奨値を把握することが基本ですが、頭の片隅に置いておく程度にし、あまり神経質になりすぎないようにしたいですね。

 

とは言え「太り過ぎ」がNGな理由4つ

とはいえ、体重増加があまりに大きすぎると弊害があることも事実。太り過ぎは、以下のような妊娠中・出産時のトラブルを引き起こします。

1)妊娠中毒症になりやすい

2)腰痛やひざの痛み、血管がこぶのように膨らむ『静脈瘤』が起こりやすい

3)微弱陣痛になりやすい

4)吸引分娩や帝王切開など難産になりやすい

こういったトラブルは、自分だけの問題ではなく、最終的に赤ちゃんを苦しめることになってしまうことも。ではどのように、“太りすぎ”を予防すれば良いのでしょうか?

 

妊婦のための太り過ぎ防止3箇条!

(1)マタニティスポーツ

まずは適度な運動。一番手軽なウォーキングの他にも、『マタニティヨガ』や『マタニティビクス』もオススメ。体重管理に良いだけでなくストレス発散になるほか、病院などが主催している場合も多いので、同じ病院で出産予定の妊婦さんたちと知り合いになれる良い機会でもあります。

(※ただし、切迫早産の可能性があるなど制限がある人がいますので、自分はやってもOKかどうか医師に確認してください。)

(2)つわり後は節制した食生活

次に食事。つわりの時期は自分を甘やかして大丈夫ですが、つわりが終わってからは栄養バランスを考えて偏食のないように! 産後にも通ずることですが、この時期から和食中心の食生活へと移行しておくことをお勧めします。

果物の食べ過ぎやパンの食べ過ぎには注意し、間食におやつを食べるくらいならおにぎりを食べて満腹感を得るなど工夫しましょう。

(3)体重をレコーディング

最後に記録。これは有名助産師ブロガーさんも言っていたことですが、体重を毎週母子手帳に記録していくと、自分へのプレッシャーになってなかなか効果があります。

 

妊娠中はカラダと心の変化に戸惑うことも多く、ストレスからついつい食べ過ぎてしまうこともありますよね。

そんな時は、妊娠中のすべての行動は”赤ちゃんにつながる” ということを思い出してみてください。きっと少しくらい辛いことも乗り越えられるはずです。

同時に、赤ちゃんはお腹にいる時から“ママの味方”。ママの不安な気持ちは赤ちゃんもきっと理解してくれているので、神経質になりすぎずに、たまには赤ちゃんに甘えて好きなものを食べたり、気分転換をしてくださいね。

ママの心の安定が、赤ちゃんへの一番の栄養です!

 

【関連記事】

46%の子どもが答えた!優しいより「●●するお母さんが好き」

※ 超意外!妊娠したらカフェインを控えないといけない本当の理由

※ 新事実!ママに「ハグされるのが多い」赤ちゃんに見られる驚きの特徴2つ

※ 妊娠中に食べると「赤ちゃんが健康になるもの」トップ10

※ あなたは言ってない?想定外に「妻の地雷を踏む」夫の一言5つ

 

【参考】

BMI – 厚生労働省

「妊娠期の至適体重増加チャート」について  – 厚生労働省

妊娠前の体格や妊娠中の体重増加量については? – 産婦人科診療ガイドライン解説

LINEで送る