伸びるどころか「自信のない人間になる」子どもの褒め方4パターン

伸びるどころか「自信のない人間になる」子どもの褒め方4パターン

子育て本では「子どもを褒めて育てましょう」的な本が“雨後の筍”の如くドンドンと出版され、ネット上の子育てサイトでも「褒めて育った子は伸びます」といったフレーズに溢れているように思います。 

意外に思うかもしれませんが、褒め方を一歩間違えると、子どもはすっかり自信をなくしてしまい伸びるどころか潰れてしまいます。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が“子どもが本当に伸びる褒め方のコツ”についてお話したいと思います。

 

■子どもを「潰してしまう」褒め言葉3パターン

親が望んだ行動をした時は褒め、そうではない時は褒めない態度をしていると子どもに思われるようではNG。普段の生活シーンから3つご紹介しましょう。

お友達とのつき合い…

「お友達と仲良くしてお利口さんだね」と褒め、喧嘩した時は「お友達と喧嘩するなんて意地悪ね」と嫌な顔をする。

毎日のごはん…

残さず食べたら「好き嫌いしないで食べて偉いね」残すと「ママがせっかく作ったものを残すなんて悪い子ね」と否定する。

散らかっている部屋…

片付けている時は「お片付けして凄いね」と褒め、散らかしたままだと「なんで散らかすの!」と罵倒する。

「ママが望んだようにしないと愛されない……」こんな体験が続くと、親の顔色を伺ってビクビクと行動するおかしな癖が付きます。

そして、失敗してママを困らせることを恐れるようになります。「失敗しても次から気を付ければ大丈夫!」とは思えず、すっかり自信をなくし挑戦意欲も湧かなくなってしまいます。

 

怒るのではなく「行動を受け止めアドバイス」してあげる

子どもだって馬の合わない相手がいたり、おもちゃを奪われて相手を攻撃したくなることだってあります。嫌いな食材もありますし、まだ遊んでいたくて散らかしたままでいたい時もあります。

もちろん、良い行動をした時は褒めることも大切です。でもママが好まない行動をした時、頭ごなしに怒らないことです。

喧嘩しても、偏食でも、散らかし放題でも“それも子どもの一面”として認めましょう。

「喧嘩したくなったんだね」「嫌いな食べ物だってあるよね」「まだ遊んでいたいから散らかしているのね」と子どもの行動を受け入れ、次にどうしたらよいかアドバイスすれば十分です。

 

■“他人との比較をしたうえでの”褒め言葉もNG

公園に連れて行ってはみたもののママから離れない引っ込み思案な我が子。走り回るママ友の子を羨ましく感じ、焦ってしまいます。

ついつい「もっと皆と一緒に遊ばないとダメじゃない」と強要したり「○○ちゃんはママから離れても元気に遊べて偉いわね。真似してご覧」と口から出てしまいます。 

皆が遊んでいても、じっと地面の虫を眺めたり、いつまでも石ころを触ったりできるなんて凄い集中力じゃないですか。これは長所です。それを否定してはなりません。

子どもには特性、個性があります。まずそれを受け入れましょう。決して他人と比較して励ましてはなりません。ママ友の子や兄弟姉妹と比べる子育てを続けていると、大人になった時、どんなに自分が優れたものを持っていてもそれを受け入れられず、他人を見て自分を卑下する思考回路が出来てしまいます。

 

日本青少年研究所が2013年に世界4カ国で実施した『高校生の心と体の健康に関する調査』でも興味深いデータが。“自分自身をどう思うか”という質問に“私は価値のある人間だと思う”と回答したのは、日本36.1%に対し、米国89.1%、中国87.7%、韓国75.1%。

これだけ“褒めることの大切さ”が謳われているのに依然として日本人は自己肯定感が低いのです。それはかける言葉を間違っているからではと筆者は思うのです。褒めるのはイイことなのですが、ちょっと意識してかけてあげてみませんか。

 

【関連記事】

※ 新事実!ママに「ハグされるのが多い」赤ちゃんに見られる驚きの特徴2つ

※ たった3つ!男の子を将来「キレない子」に育てるために大切なことって?

※ 驚くほど夫婦喧嘩がなくなる!黄金の「会話テクニック」

※ 判明!「パパ」と20分以上の入浴が子どもに及ぼす好影響

※ 愛しているのに「将来子供を不幸にする」親の特徴4つ

 

【参考】

※ 高校生の心と体の健康に関する調査 – 財団法人日本児童教育振興財団内日本青少年研究所

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

 

【著者略歴】

※ 立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る