親子でできる!体調を崩しやすい冬の風邪対策

親子でできる!体調を崩しやすい冬の風邪対策

親子でできる!体調を崩しやすい冬の風邪対策

お正月休み、みなさんゆっくり過ごせましたか?

実家でまったり、のんびり出来る時間はあっという間に過ぎ去り、育児・家事・仕事で大忙しの毎日が戻ってきてしまいましたね。

急に忙しくなると体調を崩してしまいがち。筆者も昨年は見事に正月休み明けに体調を崩し寝込みました。子どもの体調管理はバッチリなのに、自分の事となると疎かになってしまうママは多いのでは?

でもママが風邪をひくと、子どもにも伝染してしまいますし、さらに家の中が回らなくなってしまいますよね。

では、子どももママも健康に過ごす為には、何をしたら良いのでしょうか?

 

■まずは、おさらい。風邪をひかない為の基本。

はじめに何よりも“うがい・手洗い”の徹底ですよね。

またきちんとバランスのとれた食事をすることも、健康な身体を維持するのには大切です。

野菜スープはビタミンを摂取することができ、さらに身体を温めるのでおすすめです。

また、きちんと睡眠をとることも大切です。

分かってはいるけれど、ママは忙しくて充分に睡眠をとるのは大変ですよね。

特に乳幼児のママは連続睡眠時間が3時間もない、なんて方も多いですよね。

他にも、健康にすごすためには免疫力をアップすることも大切です。

免疫力アップの方法は色々ありますが、その中の1つに“乳酸菌”があるんです。

 

■免疫力アップが期待されている“乳酸菌”って?

R-1やガセリ菌など、一部の乳酸菌が風邪やインフルエンザ対策として期待されています。

例えば、ガセリ菌は、生きて腸に届くだけでなく、長くとどまることが科学的に確認されているそうです。『恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト』が知られていますよね。

実は今、新たな頼れる乳酸菌として“プラズマ乳酸菌”が注目されているんです。

これまでの乳酸菌はウイルスに対して一部の役割を担う細胞を活性化させるだけでした。

一方、免疫の根本を強くする“プラズマ乳酸菌”は、ウイルスと戦う際の要である免疫細胞の司令塔である“pDC”を活性化。pDCからの指令により、いくつもの役割をもつ免疫細胞の全ての種類が働くため、総合的なウイルス防御のシステムがパワーアップ、免疫力がアップするんです。

そんな、プラズマ乳酸菌。最近ではペットボトル飲料などで手軽に摂ることができるんです。

例えば、『キリン まもるチカラのサプリ』。甘さや酸味は控えめのヨーグルトテイストの乳性飲料。まるで“のむヨーグルト”のようで、毎日飲み続けても飽きない味なんです。

ドリンクで摂れるなら、ママもお子さんと一緒に簡単に続けられますよね。

親子でできる!体調を崩しやすい冬の風邪対策

 

最初に挙げた基本もおさえつつ、乳酸菌のチカラを借りて上手に健康管理していきたいですね。

 

【参考】

プラズマ乳酸菌研究レポート – キリン

恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト – 雪印メグミルク

LINEで送る