やったもん勝ち!「ママでもイイ女」が大抵している10の習慣

妊娠出産育児に日々奮闘していると、子どもの事が最優先になり自分は後回しになりがち。“お母ちゃんモード”全開で子どもと外出してしまい、若くてキレイでオシャレな女性が優雅に歩いている姿を見て「羨ましいな……」と溜息をついていませんか?

ただ、ママとなった今では目指すべき“イイ女”というのは、独身の頃描いていた“イイ女”像とは違うはず。“ママでもイイ女”を追求してみると、辿り着くのは、健康美。内面から出てくるハッピーオーラを持ち、忙しいはずなのにいつもキレイな人ではないでしょうか?

今回は、“ママでもイイ女”がやっているインナービューティをアップする10の習慣をご紹介します!

 

■1: 適度な運動

心身共に健康になる運動は実は最高の万能薬。手軽にできるウォーキングやヨガの他、おウチでDVDや動画サイトでエクササイズビデオをやったり、家の掃除を毎日頑張るだけでも良い運動になります。日中しっかり身体を使えば、夜もぐっすり寝れますよ。

 

■2: 白砂糖は食べない

精製された白砂糖は太るだけでなく、心身の病気の元にもなり、身体や肌の老化を早める側面もあるとされています。主食を抜くダイエットより、まず、白砂糖の摂取を徹底的に止めるだけで効果大です。

 

■3: 食事は野菜から食べる

食事の際は、“野菜から食べる”だけで、食後の血糖値の急上昇を抑えるため、太りにくくなります。野菜をジュースやサプリに頼らず、しっかり噛んで繊維質を摂りましょう。。

 

■4:適切なタンパク質摂取

成人女性が1日に必要なタンパク質50g程度をバランス良く摂取するには、牛乳200cc(6g)、チーズ100g(3g)、アーモンド25g(6g)、納豆1パック(6g)、卵1個(6g)、鶏ササミ100g(23g)程度を食べる必要が! これだけ毎日摂取できれば、お腹も脳も満足し基礎代謝も上がるため健康的にダイエット成功できる可能性UP!

 

■5: 良質な油を摂る

ニュースでも話題になりましたが『トランス脂肪酸』入りのマーガリン、揚げ物、ジャンクフード、カップ麺等は避けていったほうが無難。その代わり、ナッツ類、アボガド、オリーブ油、ココナッツ油等の良質な油は積極的に摂取して。

 

LINEで送る