焦らないで!歩く前の「ハイハイ」で得られるスゴい効果4つ

赤ちゃんがよちよちと歩けるようになる日、とても楽しみですよね。それだけに周りのお友達がどんどん歩けるようになって「うちの子はまだハイハイなのに…」とちょっと焦っているママもいるかもしれません。 

でも、実は赤ちゃんの“ハイハイ”にはすごい効果があるのです。今回は、英語圏のサイト『PARENTS』の記事を参考に、ハイハイのスゴい効果についてお届けします。

 

1:運動能力が養われる

ハイハイをせずに歩く子も中にはいますが、ハイハイは赤ちゃんにとっての全身運動。足と手を使ってたくさんハイハイすることで、基礎的な運動能力を養っているのです。

 

2:自分と対象物の距離感をつかむ能力を養う

ねんねをしていた数か月前と比べ、自分の意思で自由自在に部屋中を移動できることは、赤ちゃんにとっても良い刺激になります。“自分の意思で”目的地に到達する、という体験を多くすることで自分と物との距離感をつかむのに役立ちます。

 

3:周りの環境を把握することができる

ハイハイして部屋の中を縦横無尽に移動することで、赤ちゃんは様々な情報を得ています。おもちゃ箱の場所、つかまり立ちのできそうなゴミ箱、お気に入りの本がある本棚、ママがいつも開け閉めしている棚の中の面白そうなもの……。そうしていろんなものを自分で見て、確かめて、周りの環境をどんどん把握していきます。

 

4:小さな冒険から得られる“気づき”

例えば児童館や赤ちゃんの広場といった場所で、赤ちゃんを自由にさせてあげると、ハイハイで冒険しながらいろんな障害に巡り合います。階段、引き戸、すべり台の坂道といった様々な“障害物”が赤ちゃんの行く手を邪魔しますが、自分で解決しようと試みる中でいろんな“気づき”を得るでしょう。

 

以上、今回は、“ハイハイ”のスゴい効果についてお届けしました。

「他の赤ちゃんとハイハイの仕方が違うな」と思っても、あまり心配しなくて大丈夫だそうです。大事なのは、赤ちゃんが“自分の意思で移動して情報を収集する”ということ。歩けるようになる日まで、ハイハイ時期をもう少し楽しんでみませんか?

 

【関連記事】

※ 判明!「パパ」と20分以上の入浴が子どもに及ぼす好影響

※ 絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

※ 言い換えるだけでOK!子どもが素直に言うことを聞く「魔法の言い回し」

※ 親になる前から知っておくと子育て中「心が楽になること」3つ

※ イヤイヤは成長の証!「魔の2歳児」とハッピーに過ごすための10個のコツ

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 【感動動画】ママなら共感100%!?「育児疲れの怖い顔」を吹き飛ばそう

産後のぽっこりお腹に…ワンコインで叶うすっきり美腸ダイエット♪

※ 産後ママの悩み!乳首の黒ずみを「愛されピンク美乳」にする湘南美容外科お墨付きのクリーム

げげっ…ダニがやばい!? ジメジメ季節の必需品「赤ちゃんにも使えるオーガニックグッズ

※ 最近落としにくいかも……そのポッコリおなかの意外な対策は?

【姉妹サイト】

夏までに痩せたい!今スグできる「ウエスト&太ももシェイプ」のヨガポーズ

アナタはいくつ出来てる?溺愛される妻たちが「しない」4つのコト

【参考】

7 Benefits of Crawling – Parents 

Types of Baby Crawls – Parents 

LINEで送る