もう諦めなくてイイ!? 働きたいママの最新「保活」事情とは

 

先日、筆者の子どもの通う認証保育園から、「来年4月の『子ども・子育て支援新制度』スタートにともない、当園も認定こども園に変わる準備を開始しました」なる通知が届きました。

そこで生まれたのが、「新制度って?」「認証保育園が認定こども園になることで何か変わるの?」と、いった疑問。同じように感じている方、意外と多いのではないでしょうか。そこで今回は、忙しいママに代わり、その制度の内容をポイント解説します。

 

■保育園と幼稚園のいいとこどり『認定こども園』

現状、保育園は、「ママ(パパ)の退職」と「子どもの退園」がセット。「仕事をしていないのなら、家庭で子どもを保育できるでしょ」ということで、子どもは仲良くなったお友だちと強制的に離れ離れにさせられ、ママとしてもそれまで働いていたためママ友と呼べる人もいなくて子どもと2人きり……。そんな、“退園後クライシス”の解消に向け、『認定こども園』の普及を図られます。

認定こども園とは、たとえば14時降園の子ども、夕方以降に降園の子ども、といったように保育時間を2段階に設定して運営する保育施設。ママが在宅の家庭の子どもと、共働きの家庭の子どもを同時に預かることができるので、入園後に仕事を辞めたとしても、子どもは保育時間を短縮したうえで継続して通えます。

子どもは、卒園までお友だちと一緒に過ごせますし、ママにとっても育児負担の軽減、保護者同士の交流が途切れない、などのメリットがあります。すべての保育施設が移行するわけではありませんが、今後、出産を考える女性は、保育園に加え、認定こども園も預け先の選択肢に加えておくと良いのではないでしょうか。

 

■地域型保育への注力で「働くママ」をバックアップ!

「第一希望は、認可保育園 でも、決まらなかった場合に備えて自宅から近くて条件の合う『保育ママ』もチェック……」という経験は、働くママなら誰しもがあるはず。

『保育ママ』とは、自宅の空き部屋などを使って、数名の子どもを預かる保育施設で新制度では、このような『地域型保育』に力を入れ、3歳未満児の保育先を増やしていくそうです。

待機児童問題が叫ばれて久しいですが、筆者も保育園が決まらず復帰を断念して退職するママを何人見送ったことか……。そんな悔し涙を飲んだ女性がこれ以上増えないように、育児と仕事の両立を応援する施策として、特に期待したいところです。

 

■“子だくさんママ”も目指せる!? 保育料金の負担減で家計もスリムに

保育園家庭であれば、第1子が保育園に在籍の場合、第2子は利用料金が半額、第3子は無料に。幼稚園家庭の場合は、第1子が小学校3年生に上がるまでなら、第2子が半額、第3子が無料になるという嬉しい動きもあります。

1人の子どもにかかる費用が軽減されるなら、2人目3人目の出産や、そのタイミングもイメージしやすくなるかもしれませんね。

 

新制度には、ほかにも保育施設利用認定の導入や、ワーキングママが今から気になる学童問題の解消、子育ての相談に乗ってくれる専門員の設置などが盛り込まれています。新制度のスタートで、子育てしやすい環境がさらに整備されていくことを願いたいですね。

 

 【関連記事】

※ 親になる前から知っておくと子育て中「心が楽になること」3つ

※ 子育てに限界を感じて「もう嫌!」と落ち込まないようにする方法

※ 幼稚園に行きたくない!子どもの不安を解消するママの行動3つ

※ 絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

※ イヤイヤは成長の証!「魔の2歳児」とハッピーに過ごすための10個のコツ

【PICK UP! Sponsored 記事】

おむつ代がおもちゃに!? パンパース「ポイントプログラム」が超お得すぎ!

※ 【感動動画】ママなら共感100%!?「育児疲れの怖い顔」を吹き飛ばそう

産後のぽっこりお腹に…ワンコインで叶うすっきり美腸ダイエット♪

げげっ…ダニがやばい!? ジメジメ季節の必需品「赤ちゃんにも使えるオーガニックグッズ

※ 最近落としにくいかも……そのポッコリおなかの意外な対策は?

【姉妹サイト】

夏までに痩せたい!今スグできる「ウエスト&太ももシェイプ」のヨガポーズ

アナタはいくつ出来てる?溺愛される妻たちが「しない」4つのコト

【参考】

少子化対策 – 子ども・子育て支援新制度政策統括官(共生社会政策担当) – 内閣府

子ども・子育て支援新制度 なるほどBOOK(平成26年9月改訂版)

保育所待機児童数(平成24年10月) – 厚生労働省

LINEで送る