「天才児」を育てたママがしているある共通の態度とは?

76691047

「トンビが鷹を生む」かすかな望み、奇跡を信じて「天才児に育てるぞ」と日々いろいろな教育法でがんばるママも多いのでは? 子どもに良いとされるさまざまな教育法を調べては教えてみるものの、子どもはいっこうにその才能を開花させてくれない様子……。

では天才児を育てたママはいったいどこが違うのでしょう。

以前紹介した過去記事「もしかしてあなたの周りにも?“ギフテッド”の子どもの10の特徴」では、天才児の子どもに見られる特徴を取り上げましたが、今回は、そんな天才児を世に送り出すママにフォーカスをあててご紹介します。

『小学校に入る前に親がやってはならない115のこと』の著者の立石美津子が“天才児を育てたママの共通項”についてお話ししたいと思います。

 

無理強いをさせない

子供の教育に使われる文字カード、絵カード、数字カード、これらは脳への刺激として決して悪くはありません。でも、子どもが「たぬき」を見て「パンダ!」と答えたら途端に顔が曇るママがいます。

「違うでしょ! よーく見て、これはなに? た・ぬ・き、で しょ! た・ぬ・き、ちゃんと言ってみて」

こんなことが毎日続くとママがカードを持ってくると「テストされる」「間違えると怒られる」と思うようになります。

だたただ、見せていればいいのです。間違ったらモナリザの微笑みで「これはね、たぬきよ」と正しい答えを優しく示してあげる。強要するとかえって勉強嫌いになる危険があります。

天才児を育てたママの多くは間違っても怒らず正しい答えを示しています。こうして学習に対してマイナスなイメージを持たせず、将来、喜んで勉学に励むように自然に導いてあげているのです。

 

肥料だけをあげる

「これこれこういう職業についてほしい」とレールを引かないこと。親の果たせなかった夢を子どもに託さないこと。

算数力、国語力、音楽力、英語力を付けておく、将来どんな職業に就くことも出来るように肥料をやり、選択肢の幅を広げてやることが大切。

子どもは親と違う人格を持った立派な人間です。どんな職業に就こうと子どもの自由です。そして、自由に職業を選べる能力を付けておいてやることが何よりも親にとって大切なことです。

たいていの人は「通訳になりたいが英語力がないからダメ」「運動選手になりたいが体力続かないからダメ」「医者になりたかったけど医学部行く学力がない」など引き算していくしかないのです。

そうではなく“選び放題”になるように育てる。そのためには様々な教育的環境を与えておくことです。肥料だけをやって後は子どもが一人で歩いて育っていくのを親として後ろから温かく見守りましょう。“見守る”ことは最大の教育とも言われています。

 

絵本の読み聞かせをしている

作文を書くにしろ、意見を言うにしろ全部、頭の中にある言葉(=内言)を使って人間は思考しています。成功者の多くは語彙数が豊かで、その語彙はほとんど読書により獲得されています。読書するようになるには「本が楽しい」という体験があること。

0歳から小学校低学年までは毎日絵本の読み聞かせをしましょう。本が好きになり、やがて読書するようになります。本を読む子の多くは高学力です。高学力であれば様々な職業につく選択肢が増えます。

 

疲れさせない

選択肢を増やそうと小さいうちから英語、体操、音楽、お絵描きと習わせるのはよいことです。但し、全部、子どもが喜んでやっているのならば、という話です。子どもが疲れているのならば親が良かれと思っていることが次第に害になっていきます。子どもは「やらされている」という思いで習い事に通うようになり、ストレスを感じます。

そんな時は、その中でも子どもが一番好きそうなもの「これだけは」と思う習い事に絞ってみましょう。

 

いかがでしたか。

脳は喜んで取り組んでいるものは必ず吸収します。天才児を育てたママの多くは子どもの脳の喜ばせ方を心得ています。

親がやらせることに夢中になるのではなく、子ども自身が夢中になるように導いてくださいね。そうしたら、もしかするとあなたの子ども将来『天才児』と呼ばれる日がくるかもしれません。

 

【関連記事】

※ 今からでも遅くない!小学校入学前に「絶対知っておきたい」意外な準備とは

※ 選び方は「ハンカチの作用」で!子どもの可能性をつぶす習い事、伸ばす習い事

※ 「ママお仕事行かないで~!」保育園で子どもを大泣きさせる親のNG態度3つ

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ あのキレイなママ友の秘密はコレだった!?お肌プルプルでダイエット効果もある秘策とは

【PICK UP! Sponsored 記事】

家族を守ってくれる強い味方!自転車保険って実際どうなの? 

※ フォトカレンダーが成長記録に!子供も両親もハッピーになる子育てママ絶賛アプリ♡

パパが喜ぶ美肌に!「ママ年齢3歳」からのスキンケア

ベビーもご機嫌♪ あの『ディズニーの英語システム』わくわく英語体験

【姉妹サイト】

逆効果だった!すればするほど「夫婦関係が険悪になる」妻の行動3つ

※ 結局、年齢なの?「出産したい女性」が知っておくべきAMHとは

【著者略歴】

※ 立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』等。

LINEで送る