「天才児」を育てたママがしているある共通の態度とは?

76691047

76691047

「トンビが鷹を生む」かすかな望み、奇跡を信じて「天才児に育てるぞ」と日々いろいろな教育法でがんばるママも多いのでは? 子どもに良いとされるさまざまな教育法を調べては教えてみるものの、子どもはいっこうにその才能を開花させてくれない様子……。

では天才児を育てたママはいったいどこが違うのでしょう。

以前紹介した過去記事「もしかしてあなたの周りにも?“ギフテッド”の子どもの10の特徴」では、天才児の子どもに見られる特徴を取り上げましたが、今回は、そんな天才児を世に送り出すママにフォーカスをあててご紹介します。

『小学校に入る前に親がやってはならない115のこと』の著者の立石美津子が“天才児を育てたママの共通項”についてお話ししたいと思います。

 

無理強いをさせない

子供の教育に使われる文字カード、絵カード、数字カード、これらは脳への刺激として決して悪くはありません。でも、子どもが「たぬき」を見て「パンダ!」と答えたら途端に顔が曇るママがいます。

「違うでしょ! よーく見て、これはなに? た・ぬ・き、で しょ! た・ぬ・き、ちゃんと言ってみて」

こんなことが毎日続くとママがカードを持ってくると「テストされる」「間違えると怒られる」と思うようになります。

だたただ、見せていればいいのです。間違ったらモナリザの微笑みで「これはね、たぬきよ」と正しい答えを優しく示してあげる。強要するとかえって勉強嫌いになる危険があります。

天才児を育てたママの多くは間違っても怒らず正しい答えを示しています。こうして学習に対してマイナスなイメージを持たせず、将来、喜んで勉学に励むように自然に導いてあげているのです。

 

LINEで送る