輝くママは実践している!スキマ時間を有効活用する方法とは

輝くママは実践している!スキマ時間を有効活用する方法とは

輝くママは実践している!スキマ時間を有効活用する方法とは

ママになると、子育てや家事、仕事など、朝から晩までとにかく毎日忙しくて、「今日もあっという間に1日が終わってしまったな……」と感じること、多くないでしょうか?

やりたいことがあっても後回しになったり、あきらめたりすることもしばしば……。家事や育児の合間に、ちょっと発生する“スキマ時間”、有効活用できればいいと思いませんか?

忙しい中でもいきいきと輝いているママは、スキマ時間をとても上手に使っています。

今回は、そんなスキマ時間の活用法をご紹介します。

 

■まずは、To doリスト、やりたいことリストの作成を!

スキマ時間を有効活用する第一歩が、“スキマ時間ができたらやること(To doリスト)”の作成です。

スキマ時間をうまく活用できないのは、実は自分でも「何をやればいいのか?」を整理できていないというのが理由として挙げられます。

短い時間ですぐできること、やっておいたほうがいいこと、やりたいことを、まずはリスト化しましょう。そして、スキマ時間ができたらそれを見て、ひとつひとつ片付けてクリアにしていくのです。

たとえば、時間ができたらやろうと思ってる、ガスコンロの掃除。エアコンのフィルター掃除。ハガキの整理。好きな作家の新刊の予約注文。来年の家族旅行の計画……。

頭の中で思っているだけのことは、やがてほとんど忙しい毎日に流されて忘れていきます。

紙に書いて文字として残すことで、しっかり記録と記憶に残すことができます。これで、やらなければいけないことや、やりたいことを確実にできるというわけです。

このTo doリストの作成を、まずはスキマ時間を使ってやってみましょう。

 

■○○を使うと、時間もお金もさらに有効活用できる!

さらに、スキマ時間を活用して、時間もお金もおトクになる方法があります。

食費や日用品をいかに節約するか? これは、すべてのママにとってとても大事な課題ではないかと思います。しかし、小さい子供がいると、スーパーに行くのも一苦労ですよね。

ちょっとでも安く、お買い得品をゲットしたいのに、いつも同じスーパーで買い物。後で別のスーパーで同じ品がタイムセールで大安売りをしていたと知って、「もっと早く知っておけば!」なんて後悔したこと、ありませんか? もしくは、「この品物はあっちのスーパーの方が安いだろう」と思ってがんばって遠出をしたら、定価販売で、時間の無駄遣いをしてしまったり……。筆者はこんなこと、しょっちゅうでした。

そして、そんなときに知ったのが、“電子チラシ”の存在です。

電子チラシとは、誰もが無料に新聞の折り込みチラシを見ることができ、新聞を購読していない方でも、近所のスーパーのチラシが検索できます。携帯でも見ることができるので、ちょっとした時間にスキマ家事ができちゃうんです。

実際に電子チラシを利用し始めてから、スキマ時間にパパッとお買い得品やタイムセール、安売り情報をゲットできるようになったので、時間とお金がかなり節約できるようになりました。

実際、国内最大級の電子チラシサービス『Shufoo!(シュフー)』を運営する凸版印刷株式会社が節約に関する調査を実施したところ、食品購入に関して驚くべき節約効果が出たことが分かりました。

その調査とは、普段電子チラシを使用していない、東京、愛知、大阪に住む 25 歳~49 歳の既婚女性 180 人を対象に、電子チラシアプリ『シュフーチラシアプリ』を 2 週間使用してもらい、食品購入に関してどれぐらい節約できたかどうかを調べるというものです。

その結果、電子チラシを使用した主婦の約8割が節約に有効と回答、下記のような節約効果が表れたのです!

・電子チラシの使用で1か月、平均約2,921円の節約(※)

・毎日買い物をする主婦では、1か月、平均約7,288円の節約(※)

・電子チラシの使用で安くなったと回答した主婦の約9割が生鮮食品を安く購入

※調査結果を1か月に置き換えて計算した結果

どれも、すごい節約効果ですよね!

 

ちなみに、筆者は息子のお昼寝中や、移動中や電車待ちの合間のスキマ時間で、この『Shufoo!(シュフー)』をチェックしていました。どこのスーパーに行けばおトクかがすぐ分かるので、お金の節約だけでなく、時間も有効活用できて、いろいろやれることが増えました。

忙しいママだからこそ、ちょっとした時間をうまく使って“スキマ家事”してみてくださいね。

 

【参考】

スマホアプリ『Shufoo!』(iPhone版)

スマホアプリ『Shufoo!』(Android版)

LINEで送る