都内ベイエリアで手ぶらで楽しめるバーベキュー場3選

95044417

9月に入って暑さがだいぶ落ち着き外に長時間いても気持ち良く感じられるこの時期。通な人はこの時期をバーベキューに選ぶとも言われています。

スーパーには秋の食材が並び始めるこの時期、外でバーべキューをしながら、家族やママ友などみんなで「食欲の秋」を堪能するのをオススメします。

でもバーベキューというと、「準備が大変!」「子連れだと荷物も増えて、なんだか面倒…」と思っているママも多いのでは? ですが、今は手ぶらでOKのバーベキュー場が増えているんです。

そこで今回は、東京都心ベイエリアで手ぶらでリーズナブルに楽しめるバーベキュー場を紹介させていただきますね!

 

■1:そなエリア東京バーベキューガーデン

ゆりかもめ有明駅から徒歩2分の場所にある「そなエリア バーベキューガーデン」。気軽にリーズナブルなバーベキューを楽しめる人気スポットです。

利用料金は大人ひとり1,030円(小学生520円)ですが、テーブル、イス、コンロセット、炭や焼き網など必要ツール込みの料金! さらに、この料金には嬉しいことにゴミ回収代金も含まれていてとてもお得です。

食材セットもキッズセット980円(1人前)、大人は1,980~3,980円(1人前)を2人前単位で購入可能。器材や食材の持ち込みも可能ですが、せっかくなので手ぶらで来て、帰りにお台場で遊んだり、ショッピングをしたりしてみてはいかがですか? 隣接している防災体験学習施設で子どもを遊ばせることもできますよ。

予約は1ヶ月前の同日9時半~。電話は繋がりにくいので、インターネットでの予約がオススメです。食材セットは、利用日の3日前24:00を過ぎるとキャンセル料が発生するのでご注意ください。

 

■2:都立潮風公園バーベキュー広場

ゆりかもめ台場駅・船の科学館駅から徒歩5分。都立潮風公園でもバーベキューを楽しむことができます。こちらは、利用料金はなんと無料!

食材パッケージプランがあり、1人2,500円を4名~。コンロや鉄板、テーブル、イスなどの必要ツール込みの料金です! レディースプランやキッズプランもあります。

また、セッティングや片付け不要の1人4,500円(4名~)のプレミアムプランもあり、(食材パッケージプランは、3日前の17:00以降キャンセル料金が発生)それ以外にも食材を持ち込み、用具のみレンタルするのもOKなど、いろいろなプランでバーベキューを楽しむことができます。

予約は2ヶ月前の朝9時~インターネットか電話でできます。ゴミは、食材パッケージやバーベキュー場で購入したものから発生したゴミであれば、引き取ってもらえます。さらに、園外から持ち込んだもののゴミも有料(45Lサイズ1袋100円)で回収してもらえるため、手ぶらで帰ることができます。

 

■3:江東区立若洲公園

新木場駅からバスで15分。日帰りバーベキューからキャンプまでできる若洲公園。利用料金は、日帰りバーベキュー大人300円、小人150円、幼児は無料。食材販売のメニューや食材のキャンセル期限などは、上記都立潮風公園と同じ内容です。

ここのオススメポイントは、経験者がいれば、キャンプファイヤーもできちゃうところ(別途予約が必要)。なかなか都心でキャンプファイヤーができる場所はないと思うので、子どもにとってもいい体験になりそうです。

また、公園内には、サイクリングロードがあり、レンタサイクル(普通自転車、おもしろ自転車など)もできます。さらに、多目的広場の遊具や海釣り施設など遊べるポイントが満載なので家族連れには嬉しいです。

予約は3ヶ月前の1日から電話でできます。まず、場所予約をしてから、別で食材の予約をしなければならないのでご注意を。また、こちらは、ゴミは持ち帰らなければならないのでご注意ください!

 

いかがでしたか?

面倒な準備が必要なく、手ぶらで行ける都内のバーベキュー場を紹介させていただきました! 全て事前予約制になっているので、しっかり予約をしてからお出かけしてくださいね。食欲の秋、ベイエリアでバーベキューを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

※ 秋の人気レジャー「フルーツ狩り」を親子で楽しむコツ

※ ママも子どもも夢中に!親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣

 「入っていたら大丈夫」ではない?レジャー保険の意外な落とし穴

※ 動物との触れ合いが楽しい!「那須どうぶつ王国」の魅力6つ

※ 9月にオススメ!都内から100分の人気の子連れ穴場プレイスポット

 

【参考】

※ そなエリア東京バーベキューガーデン

※ 都立潮風公園バーベキュー広場

※ 江東区立若洲公園

LINEで送る