意外と知らない!? 虫除けスプレーの正しい使い方

shutterstock_192153269

shutterstock_192153269

2014年秋、70年ぶりの国内感染とデング熱が話題になり、虫除けスプレーが飛ぶように売れたそう。でも小さい子どもを持つママはちょっと待ってください! 市販の虫除けスプレーは、乳幼児には1日の使用回数が決められていることをご存知ですか? 医薬品管理センターのホームページよりお送りします。

 

■虫除けスプレーは1日の使用回数が決められている!

市販の虫除けスプレーには、ディートと呼ばれる昆虫忌避剤が使われています。このディートですが、もともと米軍が兵士用に開発した害虫駆除用の薬剤で、ほとんどの虫よけグッズに使われている成分のひとつなんです。稀に神経障害や皮膚炎を起こすという報告があったため、アメリカやカナダなどの海外では子どもの使用に厳しい規制が設けられています。

日本でも使用上の注意として、商品に必ず記載されていますが、きちんと読んだことはありますか?

生後6ヶ月未満の乳児には使用しない
6ヶ月~2歳未満 1日1回
2歳以上~12歳未満 1日1~3回
いずれも顔には使用不可

と書かれています。そのため、乳幼児へ使う場合は、少し注意が必要なんです。

 

 

LINEで送る