賢いママは知っている!? 用途別チョイスで送料をお得にする方法

shutterstock_136161884

結婚の内祝い、友人の出産祝い、新婚旅行のお土産、お世話になっている人へのお歳暮。結婚や出産をした途端、贈り物をする機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。そんな大切な贈り物、できたら会って直接手渡ししたいけれど、宅配会社を利用するケースも多いですよね。

とはいえ、「重量は軽いのに、かさばる」「瓶モノを送ろうと思ったら、重くて料金が割高」「送る荷物より、送料の方が高い」なんてこと、誰しも一度や二度はあるはず。こんな時、賢いママは日々の生活の中でスマートな節約術を身につけていきたいですよね。

そんなママへ、送りたい品物を、”安価に””最適な方法で”送ることのできる宅配サービス&意外と知られていない裏技をご紹介します!

 

お菓子やぬいぐるみなど、軽いのにかさばる荷物

内祝いギフトとして定番のお菓子やタオル、旅先で買った愛らしいぬいぐるみ。重量はさほどないのに、とにかく大きくてかさばる。そういう荷物には、伊藤忠商事の宅配サービス『はこBOON』がオススメです。

こちらの『はこBOON』、送料に関係するのは重さのみ。つまり、サイズが大きくとも重量が軽ければ、安価に利用することができるのです。同一県内であれば、なんと494円から利用が可能。Tポイントを使えたり、たまったりするところもママにとってはうれしいポイントですね。発送は、ヤマト運輸が請け負っているところも安心材料です。

ただし、利用にはウェブ登録が必要で、荷物をコンビ二に持っていく必要があります。また、時間指定は可能ですが日にち指定はできないので、急いで荷物を送りたい場合は、別の宅配サービスを利用することをオススメします。

 

150円得をする『ゆうパック』割引の賢い活用法

宅配サービスを利用するとき、近くの郵便局で『ゆうパック』を利用している、というママも多いのではないでしょうか。同一県内なら610円から利用できるほか、日時指定にも細かく対応してくれます。重たい荷物を送る場合は、他社サービスに比べて優位性があることも。内祝いなどでジュースや調味料など、瓶入り食材を送る場合などにオススメです。

ちなみに、『ゆうパック』には、料金から最大150円の値引きのあることをご存知ですか?

郵便局に直接持ち込むだけで、自宅まで集荷に来てもらうのとくらべて100円お得になります。さらに同一割引といって、1年以内に同じ住所に送る場合は、前回送った伝票を持ち込むことで50円の割引を受けることができるのです。

両親や親せきなど、年に1度でも荷物のやり取りのある方への宅配には、特に知っておくと便利です。

 

絵本やCDDVDは『ゆうメール』

子どものいる友人に、オススメの絵本や話題のDVDを送りたいという時。1冊なら定形外郵便やクロネコメール便でもよいのですが、2冊3冊……となると、重さや厚みで予算やサイズがオーバー。結局、「もう1冊本が買えたかも」と思える料金で発送した、なんてことありませんか。

郵便局の『ゆうメール』は、書籍やDVDなど、印刷物や電磁的記録媒体を送るのに適したサービスです。たとえば、150g以下の書籍を定形外郵便で送ると205円かかりますが、『ゆうメール』なら180円。1kg以下になると、定形外郵便は600円、ゆうメールなら350円と、250円の差が出てきます。

ゆうメールを利用する場合は、外装に『ゆうメール』と記す必要のあるほか、中身が確認できるようにのぞき窓を設ける必要があるので、あらたまったラッピング不要で親しい友人や家族などに送る時などにおススメです。

 

数枚の写真を送る時の定形郵便よりお得な方法

かわいい子どものスナップショットを現像して、地方の両親や祖父母の為に一筆添えて送る、というママも多いのではないでしょうか。送る写真が数枚なら、定形郵便よりお値打ちな『ミニレター』の利用をオススメします。

この『ミニレター』は、郵便局で販売されている切手付きの封筒兼便箋で、はがきの3倍もの書くスペースがあります。さらには、25gまでの重さであれば62円で発送できるので、定形郵便の82円とくらべて20円お得。ミニレター自体の重さは、約5g。Lサイズの写真の重さは、1枚だいたい2gなので、計算上は9枚まで同封できることになります。

ただし、25gを超えた場合は、定形外郵便の料金の適用(120円~)となるので、くれぐれもご注意を。レターセットを用意する手間もお金もかからないので、小まめに手紙を送る方にもオススメですよ。

 

知らない人は意外と多い!? 送料は切手で支払える

消費税が引き上げられ、切手の料金も変わりました。手紙を送るのに2円切手を買い足したり、手持ちの切手と組み合わせたりするのが面倒で、ついつい切手を再購入していませんか?

郵便局では、定形外郵便はもちろんのこと、ゆうパックや国際郵便の送料を切手で支払うことが可能です。現金との併用もできるので、使いづらい切手を使い切ってしまいたい方にオススメです。ちなみに着払いの料金も切手で支払うことができるのだそう。現金を減らさず、賢く利用したいママは、まず手持ちの切手を確認してみてください。

 

いかがでしたでしょうか。最近は、インターネットやアプリケーションを通して、オークションを利用するママも多いと聞きます。各サービスの強みを知っていれば、送料の設定や交渉にも便利に使えそうですね。

わずかな金額でも、安く利用できるとちょっとうれしいもの。送る荷物に合った宅配サービスを賢く利用してみてください。

 

【関連記事】

※ 恐怖の無駄遣い!いつの間にかお金が減っている意外な原因3つ

※ 家計が苦しい原因!早く見直さないとヤバイ「無駄な固定費」4つ

※ 夏休みにやりがち!実はコスパ最悪でNGな「無駄遣い行動」8つ

 仕事中に取り入れると「時間の無駄遣いが驚くほどなくなる」良習慣5つ

※ 今すぐやめて!無駄遣いする人がよく使っている危険な言葉8パターン

【参考】

※ 郵便- 日本郵便

※ はこBOON-伊藤忠商事株式会社

LINEで送る