ちょっと映画やアニメの主人公気分が味わえる「リスザルの森」

ちょっと映画やアニメの主人公気分が味わえる「リスザルの森」

みなさんは「小さい猿を肩に乗せてみたい」「ペットにしてみたい」と思ったことはありませんか?

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』や、アニメ『母をたずねて三千里』『小公女セーラ』に出てくる手の平サイズの猿は、みんなとってもかわいい!

また、嵐の相葉雅紀さんは、実家で飼っているリスザルを『お嬢』と呼んで可愛がっていることで有名。無邪気な小さい猿と触れ合うのって、ちょっとした憧れがありますよね。

実は、映画やアニメみたいにめちゃめちゃ近い距離でリスザルと触れ合える場所があるんです! 今回はそんな理想の『石垣やいま村』に行ってきたので、みなさんにもご紹介したいと思います。

 

■リスザルが放し飼いされている『リスザルの森』

『石垣やいま村』に入ると、すぐ『リスザルの森』があります。ここでは、なんとリスザルが放し飼いになっており、自由に触れ合うことができるんです!

200円でエサを買うと、どこからともなくリスザルが!

ちょっと映画やアニメの主人公気分が味わえる「リスザルの森」

肩の上やバッグ、首からかけたカメラの上などに当たり前のようにリスザルがいます!

ちょっと映画やアニメの主人公気分が味わえる「リスザルの森」

非常に頭がいい動物なので、ガチャガチャの中に入ったエサをゆっくり出していると、手を突っ込まれ奪われることも……。

ちょっと映画やアニメの主人公気分が味わえる「リスザルの森」

リスザルは、とにかく動きが素早いのです! エサを手に持っていると、よじ登ってきます! とってもフレンドリーなので、中には頭や肩、膝に乗ってくるリスザルもいます。

ちょっと映画やアニメの主人公気分が味わえる「リスザルの森」

まさに、映画やアニメの小さい猿と同じシチュエーション! ちょっとしたコスプレ気分です。

ちょっと映画やアニメの主人公気分が味わえる「リスザルの森」

ちょうどリスザルの出産シーズンが終わった頃だったので、ママの背中におんぶした赤ちゃんもいました!

ちょっと映画やアニメの主人公気分が味わえる「リスザルの森」

つぶらな瞳がめちゃくちゃかわいくて、本当に癒されます!

リスザルは基本的に人懐っこいのですが、中にはずっと手の上に乗っているような子も……! その手がぷにぷにで、触り心地が最高!

乗ってくるリスザルもいいのですが、もちろんただ座っているリスザルもいいです。

見ているだけでも心を奪われます。正面からの顔も横顔も後ろ姿もちょこんと座る姿も全部愛らしくて、飼いたくなっちゃいますよ……!

 

■『リスザルの森』のある『石垣やいま村』がいい

他の動物園でよくあるリスザルの餌やりは時間制限や年齢制限がありますが、『リスザルの森』はないので小さい子どもでもOK。

とにかく、ここまで近くでリスザルと触れ合えるのはなかなかできない体験なので、一度試してみてほしいです!

ちなみに、『リスザルの森』のある『石垣やいま村』は、古き良き八重山の家並みを再現した日本最南端のテーマパーク。

ちょっと映画やアニメの主人公気分が味わえる「リスザルの森」

琉球衣装体験、シーサー絵付けなどの体験メニューも充実しています! マングローブの遊歩道を歩くと、カニや魚、セミやトカゲなど生き物を発見できるのも魅力のひとつですよ!

 

実際にリスザルをペットにしようと思ったら、45~50万円くらいします。

東京から石垣島まで、安いツアーなら5万円弱。また、石垣島はニューヨークタイムズが発表した「2014年に行きたい52の場所」18位に選ばれているほど人気のスポット。

夏休みというとプールや海というイメージですが、小さい子どもは動物との触れ合いも大好き! まだ夏休みの予定が決まってないなら、石垣島の『石垣やいま村』に行ってみては?

 

【参考】

石垣やいま村

LINEで送る