赤ちゃんがいつも目で追っているのは●●だと心理学で明らかに!

赤ちゃんがいつも目で追っているのは●●だと心理学で明らかに!

赤ちゃんがいつも目で追っているのは●●だと心理学で明らかに!

「赤ちゃんが見ている世界ってどんな感じなんだろう?」 「赤ちゃんの好奇心ってどこに向けられているのかな?」

親ならずとも、赤ちゃんの頭の中には興味がありますよね。これ、実は最近カナダの大学が行った”赤ちゃんの目線を調査する”という興味深い実験によって、わかってきたのです!

今日は、この実験結果を交えながら赤ちゃんの世界観について育児コンサルタントの佐藤めぐみがご紹介します。

 

■いつも赤ちゃんが注目しているものが明らかに!

ライアソン大学のニコール・サグデン氏らは、赤ちゃんの頭にビデオカメラが内蔵されたスマイリーフェイスのバンドをつけ、起きている時間の目線の動きを記録する、という実験を行いました。

赤ちゃんがいつも目で追っているのは●●だと心理学で明らかに!

具体的には、2週間の間、14人の生後1ヶ月の赤ちゃん(男の子7人、女の子7人)と、16人の生後3ヶ月の赤ちゃん(男の子8人、女の子8人)に協力してもらったため、計45時間分のデータを集計したのです。

ビデオカメラには、ママやパパが一緒に遊んでくれているシーン、ベビーバギーで町中を移動しているシーン、レストランでの食事のシーン、ママ友の集まりのシーンなどバラエティーに富んだ内容が記録されていました。

この内容を分析すると、

・赤ちゃんは起きている時間の25%を人の顔を見て過ごしていた
・そのうちの70%は女性の顔に視線が向けられていた
・そのうちの80%は大人の顔に視線が向けられていた

ということが判明! 子どもが女性を好む傾向があるのは、きっとみなさんもこれまでの経験で感じていると思います。

それがデータ的にも証明されたのですね。

 

LINEで送る