「この人は仕事がデキる!」と思われて評価が上がる話し方

「この人は仕事がデキる!」と思われて評価が上がる話し方

仕事をする上で、自分の”話し方”に気を配っていますか?

雑談や日常会話では、自由に自分の話したいように話しても特に問題はありません。しかし、ことビジネスの場においては、相手に考えや意見が的確に伝わるよう、話し方を工夫する必要があります。

今日は、働くママがぜひ覚えておきたい、2つの話法をご紹介します。これらの話法をマスターし会社で活用することで、「話の分かりやすい、デキる人」と思われるようになるでしょう。

 

■1:PREP(プレップ)法

プレゼンテーションについて学ぶと、必ずと言っていいほど出てくる話法があります。『PREP(プレップ)法』です。次の4つの頭文字を取って、そう名付けられています。

【1】Point(要点) → 【2】Reason(理由) → 【3】Example(具体例) → 【4】Point(要約)

最初にまず結論を言います。そして、理由と具体例を入れて、最後にも結論を言います。PREP法を使って、上司に提案をしてみたのが、以下の例です。

「新しいメルマガについて、私は、豆知識などお客様のお役に立てる情報を入れて配信することを提案します」 【1】Point(要点)

「なぜなら、今現在のうちのメルマガは、商品のPRかサービス説明で、自社の宣伝しかやっていません。だから、せっかくメールアドレスを教えてもらっても、配信停止の依頼が多いのです」 【2】Reason(理由)

「うちのライバル社の●●は、”生活に役立つ知恵”と題したコラムを入れて配信しています。

業界の試みとしては斬新ですが、読者が一千人を突破したと先日ホームページで発表されていました。それだけお客様にそのメルマガは受け入れられているということです」 【3】Example(具体例)

「というわけで、新しいメルマガは、お客様のお役に立てる情報を入れて配信しましょう」 【4】Point(要約)

結論が先に出てこないとイライラする人は、結構多いのです。仕事のできる人ほど忙しいものなので、「話すなら先に結論から述べてもらいたい」と、そう思っています。

『PREP法』で話すことを普段から心がけると、「テキパキしてて分かりやすい」「話が早くて助かる」と思ってもらえます。

 

■2:両面話法

なにかを提案・要求するとき、物事のいい面だけではなく、悪い面も伝えることで、より説得しやすくする話法があります。それは、『両面話法』と言います。順番としては、以下のように話します。

【1】要求・提案 → 【2】プラス面 → 【3】マイナス面 → 【4】マイナス面をプラスにするアイデア → 【5】要求・提案

両面話法を使って、会議で発言をしてみたのが次の例です。

「私は、社名変更に賛成します」 【1】要求・提案

「なぜなら、会社名がアルファベットになることによって、これから私たちがターゲットとして取り入れたい10代~20代女性に広く受け入れられると考えるからです」 【2】プラス面

「マイナス面として、それまでのお客様が困惑されるというのはあるかもしれません。

久しぶりに我が社を思い出してくれたお客様が、社名変更に気づかず、倒産したと思って他の会社に取られてしまうことも考えられるでしょう」 【3】マイナス面

「ですが、それは克服できます。告知を計画的に行えばいいのです。

過去10年間の顧客リストを出して、DMや電話などを使って宣伝していけば、すぐ慣れていただけるはずです。また古い顧客に我が社を思い出していただけるきっかけ作りもできます」 【4】マイナス面をプラスにするアイデア

「よって、私は社名変更に賛成です」 【5】要求・提案

物事の悪い面を自ら述べることで、より誠実さが増し、信用されます。

 

『PREP法』『両面話法』に共通することは、”結論から話し、結論で終わる”ということ!

ビジネスシーンでは、言いたいことはあらかじめ整理して、結論から話すことが基本です。そして、結論を最後にも述べることで、より話が分かりやすくなります。

筆者は昔、会社勤めしていたころ、とある上司から「結論から先に言って!」とよく言われていました。言いたいことを頭の中でまとめず、ダラダラと話してしまうことが多かったのです。

『PREP法』と『両面話法』のことを学習し、会社で活用するようになったら、「話がすごく分かりやすくなったね!」「最近、話し方が上手になったね!」と、大勢の人からほめてもらえるようになりました。

特に営業をしていたときは、お客様に両面話法をよく使っていました。すると、物事のメリットばかり述べていたときより、売り上げが伸びました。筆者のことを信頼して購入してくれる方が多くなったのです。

ビジネスのさまざまな場面で活用できるこの2つの話法、みなさんも使ってみては?

 

【関連記事】

※ ブランクがバレバレ!「仕事復帰したママ」が忘れていがちなビジネスマナー4つ

※ 仕事の効率がぐ~んとUPする!? 「コーヒーブレイク」の4つの効果

※ 何コレお得すぎ!? 今年から「ふるさと納税」を始めるべき3つの理由

※ あなたは言ってない?想定外に「妻の地雷を踏む」夫の一言5つ

※ 一人で我慢しないで!子作りに専念中のママに味方の●●があった!

【参考】

沖本るり子(2011)『リーダーは話を1分以内にまとめなさい』 中経出版

【著者略歴】

※ 黄本恵子・・・2010年、ライターとして独立。自己啓発・コミュニケーションスキル系の本や、医療・医学系の本の編集協力・代行執筆を数多く手がける。現在、1児の母。日々ヤンチャぶりが増す息子に振り回されながら、執筆業に励んでいる。愛飲家で、ビールが大好き。

LINEで送る