国際結婚した家庭を見て気付いた「英語教育で大事なこと」3つ

国際結婚した家庭を見て気付いた「英語教育で大事なこと」3つ

今、国内でも社内の共通語を英語にする企業が増えている上、文部科学省は小学校からの英語教育の抜本的な拡充強化を打ち出しています。

このような背景から、小さい子どもをもつ多くの親にとって、子どもの英語教育への不安と期待はかつてないほど大きな関心事となっていますよね。

これは、国際結婚した家庭でも変わりません。

筆者は国際結婚の家庭をたくさん見てきましたが、子どもの話す言語と親の母国語が必ずしも一致しない例は多かったです。

そう、子どもに外国語を教えることは、それほど大変なことなのです!

そこで、これまでの経験と周囲で見聞きした出来事を元に、頑張らなくても子どもが外国語に親しめる家庭での行動をまとめてお伝えします。

 

■早めの言語学習が非常に重要な理由

そもそも、小さな子どもに言語学習は必要なのか、と思われる方もいますよね。結論から言うと、非常に重要です。

言語学では、子どもの言語習得の臨界期はおおよそ7、8歳くらいといわれています。

乳幼児の言語習得研究の第一人者であるワシントン大学のパトリシア・クールによると、生後1歳までには母語の音韻的な聞き分け能力が確立するそうです。つまり、言語学習は早く始めるに越したことはないのです!

言葉はまず他人に自分の要求を訴える意欲からスタートします。

ついで相手の要求も理解できるようになりますが、これは自我の確立と対人関係、社会性の構築と密接に関わっているのです。

ですから、幼児が言語を学習することの重要性は、大人以上に幅広い意味をもつといえるでしょう。

逆に、環境が要求すれば、子どもは自然と生きてゆく上で必要な言語を習得してしまうのです。

 

■子どもの言語学習で親ができること

筆者は、ミャンマー人の夫と5歳の娘の3人家族。我が家では、家庭では日本語、インターナショナルスクールの幼稚園では英語です。

娘に英語学習したり周囲の家庭を見たりして気付いた、親が本当にできることは次の3つだと思います。

(1)まず親がオープンマインドに。人とのコミュニケーションを愉しむ環境に乳幼児期からおいてあげること。

これは、親自身の姿勢を見直すことも含まれます。子どもが小さいうちは、親はどうしても目の前の育児や家事に手一杯になってしまいがち。

保育園や幼稚園の開放日のほか、地元の親子教室など、親子で参加できる場に積極的に足を伸ばし、子どもと一緒に楽しみながら社会性をつけさせましょう。

たとえ英語のスクールやインターナショナルスクールに通っていても、人との交流が下手な子どもは語学力が伸びにくいことが多いのです。

(2)家庭では親子で共通の関心がもてるものを教材にすること

社会性が出てきた子どもは、人が興味を持っているものに関心をもちます。

子ども向けの英語教材だけで勉強させるよりも、親や友達と一緒に楽しめるものを用意する方が効果的です。

我が家では、主人がサイエンス系の本や雑誌をあちこちで読み散らかしているうちに、娘も自然と人体や自然の不思議が大好きになりました。

ある日娘がトイレで『ナショナルジオグラフィック』を読んでいるのを見たときは、主人そっくりで大笑いでした。

我が家では毎日見る、夜7時のNHKのニュースなども副音声の英語にしています。

そして、いま大ヒット中の『アナと雪の女王』のテーマソング。ぜひ英語版で、親が先に歌えるくらいになりましょう。

(3)英語を話す必要がある環境に子どもを投じ、言葉の先にあるものを体得させること

長年ネイティブの先生の英会話に通い、テストの成績も良いのに自信がもてない子どもは多いものです。

英語のスクールで生徒は、お客さんになってしまいます。

そのため、近所に外国人の子どもがいたら積極的に一緒に遊ばせたり、外国人を支援するボランティアに親子で定期的に参加したり、生きたコミュニケーションの場を増やしてアウトプットの機会を増やしましょう。

インド人の男の子が大好きな娘は、いつの間にか英語の相手には英語で話すようになりました。

夏休みには、英語で様々な体験をするサマースクールも数多く開催されています。友達になれた、喜んでもらえたなどの経験は、言葉を超えて子どもの心を育むものです。

 

ちなみに、主人はときどきミャンマー語の本を読んであげますが、私のイタリア好きが影響したらしく、娘はミャンマー語よりはイタリア語に興味があります。

親の行動ひとつで、外国語への興味度合いが変わると思います。工夫しながら、ぜひ親も子も自然に英語を身につけませんか。

 

【関連記事】

 「心がポキッと折れてしまう」精神力の弱い子に育つ親のNGワード3つ

※ 絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

※ 日本人が英語学習を「幼児期に始めておくべき」驚きの理由とは

スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【参考】

TED日本語 – パトリシア・クール: 赤ちゃんは語学の天才 - デジタルキャスト

LINEで送る