電車内で大騒ぎする子どもに対してNGな「親の言動」3つ

電車内で大騒ぎする子どもに対してNGな「親の言動」3つ

電車の中で、大声を出して騒ぎ始めた我が子。子どもは乗物が大好きですから、興奮してしまいがち。

そんなとき、ママがよかれと思ってやっていることが実は後々、よくない結果につながってしまうケースがしばしばあります。

そこで今回はそのNGな言動を、『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者・平川裕貴がお伝えします。

 

■騒ぐ子どもに親がやっちゃいけないこと

(1)「人が見ているから」と注意する

ママは周りの冷たい視線を感じて、なんとか静かにさせようとあせりますよね。周りの視線が気になるとつい、「静かにしなさい!みんなが見てるでしょ!」と言いがち。

でも、そんな風に注意すると、人が自分を見ていなければ騒いでいいんだと、子どもは思ってしまいます。人が見ていなくても、公共の場では静かにするのがルールですよね。

(2)「誰かに怒られるから」と注意する

これも、ママが言ってしまいがちな叱り方かもしれませんね。「ほら、そんなに騒いだら、こわいおじさんに怒鳴られるよ!」「ほら、うるさくしたら、車掌さんに怒られるよ!」

そんな風に注意すると、こわそうなおじさんや車掌さんがいなければ騒いでいいんだと、子どもは思ってしまいます。誰かに叱られるから、静かにしなければいけないわけではありませんよね。

(3)騒いでいるのに注意しない

一番NGなママの行為は、我が子が騒いでいるのに知らんぷりです。横で子どもが大騒ぎしているのに、知らん顔で乗っているママいますよね。

お友達同士で乗っていたら、ママ達も夢中で大声で話しているなんてケースも。子どもは、良いお手本ではなくて、悪い見本をマネてしまいがちです。

 

■騒ぐ子どもに親がやるべきこと

「静かにしなさい!」としっかり注意しましょう。大声で怒鳴る必要はありませんが、叱っているのだということが分かるように、強い口調で言うことが大切です。

それから、「うるさくしたら、みんなの迷惑になるでしょ」と説明しましょう。

迷惑ということが理解できないような年齢なら、「病気の人が乗っているかもしれないでしょ」とか「赤ちゃんがねんねしていたら、起きちゃうよね」とか、具体的に分かりやすい理由を話してあげましょう。

たとえ、その時、子どもが言うことを聞かなくても、注意することが大切です。

 

ママがしっかり注意しているのに、子どもが言うことを聞かないなら、きっと周りの人も「たいへんだな」と理解してくれるでしょうし、そんな社会であってほしいものだと思います。

子どもが将来困らないためにも、公共の場所で大声を出したり、騒いだりするのは良くないことだとしっかり教えてあげましょう。

 

【関連記事】

※ 「心がポキッと折れてしまう」精神力の弱い子に育つ親のNGワード3つ

※ その褒め方合ってる?「完璧主義ママ」がやりがちなNG子育て2つ

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

粉ミルクを選ぶ基準って?教えて「母乳のいいところ」「ミルク選びのポイント」[PR]

髪トラブルに本気で悩んだら?カンタンに解決できる〇〇がオススメ[PR]

【著者略歴】

※ 平川裕貴・・・日本航空国際線CA、外資系英語スクールを経て、1988年に子ども向け英会話教室を設立。

30年以上に亘り子ども英語教育に携わり、現在3歳から6歳までの子どもにバイリンガル教育を実施中。近著は『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』

LINEで送る