祖父母に赤ちゃんを預けるとき「必ず」言わないといけないこと

祖父母に赤ちゃんを預けるとき「必ず」言わないといけないこと

子育て中、どうしても祖父母に赤ちゃんを預けて出かけないといけないときって、あると思います。祖父母は子育ての大先輩! 誰よりも頼りになる存在ですが、今と昔では子育てをとりまく環境が若干違います。

こちらにとっては常識のことでも、祖父母世代にとっては「まったく知らなかった!」ということが結構あるもの……。

それで、祖父母に赤ちゃんを預けるとき、伝えておかなければいけないことを伝えず、後で「トラブルになった!」「関係が悪くなった!」という話をよく聞きます。

祖父母とは、避けられるトラブルは避けて、良好な関係を築いておきたいですよね。

そこで今日は、祖父母に赤ちゃんを預けるときに言っておかないといけないことを、その伝え方も含めて、コミュニケーションライターの黄本恵子がお伝えします。

 

■祖父母にお世話を頼むとき伝えるべきこと

(1)今は”ハチミツNG”なこと

子育て中のママなら、「赤ちゃんにハチミツを与えてはいけない」ことは当たり前に知っていることですよね。

ハチミツにはボツリヌス菌が入っていることがあり、乳児期に感染すると”乳児ボツリヌス症”を起こす恐れがあります。

乳児ボツリヌス症の症状としては、便秘状態が数日続き、全身の筋力が低下する脱力状態(floppy)になり、ほ乳力が低下し、泣き声が小さくなっていきます。

特に、顔面は無表情となり、頸部筋肉の弛緩により頭部を支えられなくなっていきます。その他、眼瞼下垂、瞳孔散大、対光反射が緩慢になるなどの症状が現れます。

国内では死亡例はいまのところないということですが、乳児の突然死症候群の一因とする説もあるようです。なので、一歳未満の赤ちゃんには、ハチミツを与えないようにしなければいけません。

ただ、意外と祖父母世代はこれを知らず、「ハチミツは砂糖より身体に良さそうだから」と、つい与えてしまう祖父母世代は多いため、くれぐれも注意が必要です。

というのも、厚生労働省が1歳未満の乳児に対するハチミツの摂取を避けさせるよう指導し始めたのは、1987年から。祖父母世代が知らないのも、当然といえば当然かもしれません。

1歳未満の赤ちゃんを祖父母に預けなければいけなくなったときは、事前に「乳児ボツリヌス症になる危険性があるから、ハチミツは与えないでね」ということをしっかりと伝えておきましょう。

(2)食物アレルギーのこと

離乳食を生後半年ぐらいから始めて、食物にアレルギー反応が出た赤ちゃん、また血液検査でアレルギーが判明した赤ちゃんをお持ちのママも多いと思います。

祖父母世代は、アレルギーを軽く考えてしまっている人が多いです。なので、「うちの子は卵アレルギーなので、卵は与えないで」「ミルクアレルギーなので牛乳は与えないで」だけでは不十分かもしれません。

卵アレルギーなら、卵の成分が多く使われている製品(プリンや市販のお菓子、ケーキ)、牛乳アレルギーなら、乳製品(ヨーグルトやマーガリン、バターなど)もダメだということを、きちっと伝えておきましょう。

(3)紙オムツ替え方のコツ

あと、紙オムツを使っていらっしゃるママさんは、祖父母の前で替え方を見せておいたほうがいいかもしれません。

実は、祖父母世代は布オムツに慣れていて、孫の面倒を見るのが初めてな祖父母は、「紙オムツの替え方が分からない!」という人もとても多いのです。

「紙オムツの替え方は大丈夫?」と訊くのもいいですが、「あ~知ってる知ってる」と、本当はよく知らないのに軽く考えてそう返事してしまわないとも限りません。

紙オムツの替え方は、言葉で説明をしたり紙に書いて説明するより、目の前でやるのが一番手っ取り早いですね。とくにテープ式の紙オムツは戸惑う祖父母が多いようです。忘れずに一度は実演しておきましょう。

 

■伝えるときは“第三者引用”を使うと効果的!

祖父母に赤ちゃんのお世話をお願いするとき、「ハチミツは与えないで」「●●アレルギーだから××は与えないで」ということを伝えるのに、より効果的な伝え方があります。

”第三者引用”です。営業マンがお客様を説得するときによく使う話法です。

「この製品を子どものころから繰り返し使うと、子どもの能力が飛躍的にアップするんですよ」

と言うのではなく、

「東大の○○教授という方が、この製品を子どものころから繰り返し使うと、子どもの能力が飛躍的にアップすると、おっしゃっているんです」

と、「自分以外の誰かがこう言っていた」と伝えるのが、第三者引用になります。信頼性が増し、より相手を説得させやすい伝え方です。

同じように、祖父母に伝えるときは、次のように伝えるといいでしょう。

「お義母さんもご存知の▲▲内科の先生が、一歳未満の赤ちゃんにハチミツは上げてはいけないとおっしゃっていたので、くれぐれもよろしくお願いします。乳児ボツリヌス症っていう恐ろしい食中毒になる恐れがあるらしいんです」

or

「この子の主治医の□□先生がおっしゃっていたんですけど、卵製品は●歳になるまでは絶対上げないように、とのことなんです。プリンは最も危険性が高いとおっしゃっていました。市販のお菓子類もいまはダメだそうです」

これで、より分かってもらいやすくなります。

 

しっかりしているように見えて、ちゃんと伝えたことも忘れやすいのが祖父母。念のため、メモを残しておくことも忘れないようにしましょう!

 

【関連記事】

将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 子ども時代のコレでほぼ決定!将来「子どもがしっかりした大人」になる遊ばせ方

※ 絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

※ ちっとも子どもが育たない!「ヘリコプターペアレンツ」になっている親の特徴4つ

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

 

【参考】

感染症の話 乳児ボツリヌス症 - 国立感染症研究所 感染症情報センター

※ より説得力が増す第三者引用とは? - 使えない心理学はもういらない!NLP聞き方の達人 松橋良紀 公式ブログ

【著者略歴】

※ 黄本恵子・・・2010年、ライターとして独立。自己啓発・コミュニケーションスキル系の本や、医療・医学系の本の編集協力・代行執筆を数多く手がける。現在、1児の母。日々ヤンチャぶりが増す息子に振り回されながら、執筆業に励んでいる。愛飲家で、ビールが大好き。

LINEで送る