現金より生活費を節約できる「クレジットカードの使い方」3つ

現金より生活費を節約できる「クレジットカードの使い方」3つ

クレジットカードの利用明細を見て「こんなに買ったっけ?」「先月、意外と使いすぎちゃったな~」と思うことはありませんか?

現金を持たずに買い物ができるクレジットカードは、とても便利です。でも、節約には向いてない気がしますよね。

いいえ、実はそんなことはありません。少し工夫するだけで、クレジットカードを利用してもちゃんと節約できるのです!

今回は、節約アドバイザーのヨースケ城山さんから、生活費を節約できるクレジットカードの使い方について教えていただきました。

 

■1:クレジットカードを夫婦それぞれで持たないようにする

結婚前から旦那さんがクレジットカードを持っていて、普段のランチ代や飲み代なんかはそれで支払っている、という家庭は多いと思います。

しかし、そもそも旦那さんにはクレジットカードを持たせないことが節約になるそうです!

城山さんは、「私も前は持っていましたが、仕事で使うのと家で使うのとゴチャゴチャになっていました。これでは貯まるはずないです。また男性は見栄もあり、とにかく使いがち。よって、持たせないことが大事です」と言います。

共働きでも、クレジットカードは別々で持たないようにしましょう。それは、過去記事「こんな方法で成功するなんて…!本当に失敗しない”お金の管理”」でも詳しく説明しているので、チェックしてみてください。

 

■2:クレジットカードで買い物するたびに口座に入金する

クレジットカードの最大の弱点は、衝動買いに弱いところ&現金を支払ったときより喪失感が薄いところですよね。これらは、クレジットカードを使用するたびに入金する癖をつけると解決します。

まず、クレジットカード専用の引き落とし口座を用意して、この口座に使った金額より多めの金額を入金しましょう。すると、お金を使った実感がわき、衝動買い抑制になり、自然とお金を貯めることができるのです!

使うたびに入金するので、「いちいちめんどくさすぎる!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、それはクレジットカードの使用頻度を改善すれば、解決できます。

城山さんの家庭では、普段あまりクレジットカードで買い物しないそうです。

Amazonや楽天市場などのインターネットでの買い物、家具の購入や旅行など大きな買い物をするときのみクレジットカードで支払っている、とのこと。そのため、たまに使ったときでも、最悪その翌日には入金ができてしまうのだとか。

給料口座での引き落としでは楽なことは楽ですが、どうしても無駄使い、衝動買いが発生します。現金の使用感を意識づけるために、初めから入金するのではなく、後から入金するのがポイントですね!

ちなみに”使った金額より多め”と書きましたが、これはできれば1,000以下の金額がいいです。例えば、Amazonで6,345円の買い物をした時に7,000円を入金する。すると655円が口座に残ります。

原理としては、差額の小銭を貯めるというより、お釣りの小銭を貯金箱に入れるのと一緒ですね!

 

■3:クレジットカードを買い物の種類ごとに使い分ける

あと、クレジットカードを複数持っていると、「どのクレジットカードで支払ったっけ?」とわからなくなることがありますよね。

それで城山さんの家庭では、3枚のクレジットカードを利用している、とのこと。この3枚のクレジットカード、インターネットでの買い物用、大きな買い物用、固定費の引き落とし用と、それぞれ役割を分けて使っているそうです。

確かに、初めから使用するクレジットカードが決まっていれば家計の管理も簡単になりますよね! また、携帯電話代、保険代などの固定費に関しては、大体毎月同じ金額なので毎月定額を入金しているそうです。

言われてみれば確かに、便利な使い方ですよね。今、手元にあるクレジットカードを分類してみませんか? マジックで”インターネットでの買い物用”などと書いてしまってもいいと思います。

 

いかがでしたか?

クレジットカードも使い方を少し変えるだけで、節約をすることができることがわかりましたね。普段クレジットカードを何も考えずに使っている方は、この機会に使い方を改めてみては?

 

【関連記事】

※ 「保育園に行きたくない!」思わず爆笑した子どもの必死の言い訳4選

※ よそのパパが授乳ガン見!? 「授乳室・ベビールーム」での非常識行動

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

【取材協力】

※ ヨースケ城山・・・節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、AFP、住宅ローンアドバイザー、年金アドバイザー。

著書は『給料そのままで「月5万円」節約作戦!』(ごま書房新社)。本の内容は、『らくらく貯蓄術。住宅ローン地獄に落ちない為の家計防衛のススメ。』にもまとめられている。

ブログ『節約アドバイザー ヨースケ城山ブログ』では、節約だけではなく転職活動、著書、社労士、FPのことを配信中。

【参考】

ヨースケ城山(2012)『給料そのままで「月5万円」節約作戦!』 ごま書房新社

LINEで送る