子どもの創造力を伸ばすために親がやってはいけないこと4つ

子どもの創造力を伸ばすために親がやってはいけないこと4つ

子どもの可能性は未知数。そのため、できることなら子どもの創造力も早めに伸ばしていきたいと思っていませんか?

株式会社クロス・マーケティングが行なった「子どもの絵画教育」調査でも、これから伸ばしてあげたい子どもの能力1位は、”創造力”。

それでは、親がどんなことに気を付けると創造力を伸ばしやすくなるのでしょうか。

今回、たくさんの子ども達の絵画指導をされてきたアトリエ太陽の子認定講師のよしおかひろこ先生に、”子どもの想像力を伸ばすためにやってはいけないこと”&”かけるといい言葉”を教えていただきました!

これは、よしおか先生自身の長年の経験からわかったことなので、全てのママ必読の内容ですよ!

 

■子どもの創造力を伸ばすためにやってはいけないこと

(1)教えすぎる

子どもがお絵描きするとき、まずクレヨンの持ち方などを細かく教えていませんか?

筆者も持ち方をよく注意していたのでこれを聞いてドキッとしたのですが、よしおか先生は、「クレヨンの持ち方や、他の技術的なことばかり先に整えようとしない方がいい」と言います。

注意された子どもは、絵を描くことより、クレヨンをちゃんと持つということを考えてしまうようになります。言いたくなる気持ちをグッとおさえて、好きにやらせるようにしましょう。

(2)ほめすぎる

子どものお絵描きの作品を見たとき、つい「上手ね」「すごいわ」と言ってしまっていませんか? しかし、あまり絵を評価しない方がいい、とのこと!

理由は、「子どもはそういうふうに描けばお母さんがほめてくれるんだ、と思ってしまうこともある」からだそうです。

確かに、ほめられることを目的に絵を描くようになってしまうと、創造力は伸びません。

とはいえ、これは口癖のように出てしまいますよね。難しいと思いますが、少しずつ気を付けていってください。

(3)比較する

また、「●●ちゃんのように、もっとちゃんと色を塗ってごらん。キレイでしょ?」などと友達や兄弟姉妹との比較するのもNGです。

自分の描いた絵は自分の分身のようなもの。誰かと比べられたら辛いし、どんどん自分に自信が持てなくなります。これは、お絵描き以外のときにもやってはいけません。

(4)型にはめようとする

大人は常識や社会通念を知っているので、ほとんどの物には決められた色があると思っていますよね。

それで、お絵描きしている子どもに「空は水色、木は緑色でしょ?」「りんごって赤色じゃないかな?」とか言っていませんか? これ、筆者は言ってしまいます。

筆者の娘は塗り絵をしていると、途中で面倒くさくなるようで、全部同じ色で塗ることがあるので、余計に口出ししたくなるのです。

しかし大人は、子どもが気付くまで、先回りして教えるようなことはしなくていいとのこと。確かに、常識に縛られると、創造力が制限されてしまいますよね……。気を付けようと思います。

 

■かけてあげると子どもの創造力が伸びるような言葉

意外とやりがちなことが、実はあまりよくないとわかってビックリでしたね。それでは、子どもにどのように声をかけてあげるといいのでしょうか。

よしおか先生曰く、これは親子で一緒に会話をしながら、それぞれの親子に合った言葉を見つけていくのがいいのだとか。

「例えばですが、”ここがおもしろいね” ”こんな色だったんだね。(色に見えたんだね)”など、その絵を描いたお子さんの気持ちに共感する姿勢でいれば、自然と言葉がでてくると思います」

そして、どうしても絵を評価しない声かけが難しいと感じるときには、「無理に何か言おうとしなくてもいいのではないでしょうか?」とのこと。

子どもは、「へ~!」とか「ほほぉ~」といったリアクションでも案外喜ぶのだそうです。

 

上記では、お絵描き中の話がメインでしたが、粘土や積み木のような遊びのときでももちろん同じです。

子どもって、天才的ですよね。だから、その才能を伸ばさないのはもったいない! 芸術家になることはなくても、創造力は大人になっても大事です。ぜひ子どもを縛らず、自由にやらせてみましょう。

 

 【関連記事】

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 「あーもう!」ついやってあげちゃう親はキケン!? 毒親とサプリ親の違いとは

※ 外国人が驚きを隠せない「日本人ママのスゴすぎる!」3つのコトとは?

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【取材協力】

※ 楽しみ工房たんぽぽ『こどもアトリエすみだ』(担当講師:よしおかひろこ)・・・東京スカイツリーの地元、墨田区はものづくり&アートな町!

その町で63年の歴史ある幼稚園にて、こどもアトリエを開講。3歳から小学生まで、家庭的な人数で週に一度、おもいっきり創ったり・描いたりな時間を過ごしています。

ホームページは『こどもアトリエすみだ』、ブログは『3歳からの絵画造形教室:こどもアトリエすみだ』、Facebookページは『こどもアトリエすみだ』です。

 

【参考】

これから伸ばしてあげたい子どもの能力「創造力」25.7% 「子どもの絵画教育」調査 - マイナビウーマン

アトリエ太陽の子とは - 主婦の友リトルランド

LINEで送る