なぜ妊娠すると脳が変化するのか?この驚愕の理由が明らかに!

なぜ妊娠すると脳が変化するのか?この驚愕の理由が明らかに!

なぜ妊娠すると脳が変化するのか?この驚愕の理由が明らかに!

妊娠中、「今まで以上に忘れっぽくなった」と訴える女性は多いと言われています。

日本ではこれを、女性が出産の痛みを忘れて再び「赤ちゃんがほしい」と思えるようにするための現象、と捉えることもあるようです。しかし、海外ではこの変化に名前をつけ、研究対象となっています。

この現象を、最近イギリスの大学が別の角度から研究したところ、非常に興味深い事実が判明しました! 今回はこの”妊娠中のママの脳の変化”について、プラス思考育児.JP主宰の佐藤めぐみがご紹介します。

 

■研究で妊娠中は”右脳が変化することが明らかに

みなさんは、ベビーブレインという言葉を聞いたことはありますか? これが、前述の”妊娠中多くの女性が経験する変化”の海外での呼び名です。

例えば、普段より忘れっぽくなる、いつも以上に神経質になってしまう、感情的になりやすい、ロジカルなことが苦手に感じられる、注意力が散漫になる……。このような”脳に変化が起こったような状態”のことを指します。

それでは、ベビーブレインの正体とは? 気のせいではなく、本当に存在するのでしょうか?

まず、脳には左脳と右脳があり、それぞれに得意分野があることはご存知と思います。

左脳は、言葉や数字の記憶や論理的な思考の領域。右脳は感覚や直感、ひらめきなどに関係し、感情を司る脳ですよね。

ロンドン大学が見出した研究では、妊娠中、右脳の働きが活発になることが判明したのです! これはつまり、妊娠中は脳レベルで、感情>論理になっているということ。

研究ではまず、妊娠中の女性19人と出産直後のママ20人(生後2ヶ月前後の子のママ)に様々な写真を見せました。

この写真は、大人や赤ちゃんの顔写真で、無表情のもの、笑顔などのポジティブな表情のもの、不機嫌、泣き顔などのネガティブな表情のものなど様々。

これらの写真を見ている間の脳の動きを観察したところ、妊娠中の女性の方が、産後のママよりも”右脳を活発に使うことが多い”ことが分かりました。

とくに、笑顔などのポジティブな表情の写真を見る際にその傾向が強まったそうです。

元々、妊娠中の女性や産後のママは、感情的に繊細になり、赤ちゃんの顔の表情の変化には敏感に反応しやすくなることは分かっていました。

しかし、今回の研究で、”妊娠中の女性の方がさらに感情を司る右脳を使っていること”がデータで裏づけられたのです!

一体どうして、このような変化が起こると思いますか? 今回の研究では、感情脳が優勢になる理由を「やがて生まれてくる赤ちゃんの気持ちをくみ取る準備のため」と説明しています。

つまり、妊娠中のホルモンの変化、そして脳の変化には「生まれたばかりの赤ちゃんが発するサインに気づく」目的がある、と結論づけられたのです!

 

■妊娠中の感情脳活性化は”母性本能によるもの

生まれたばかりの赤ちゃんはまだおしゃべりができないので、ママはその表情から赤ちゃんのニーズを察しようとします。

泣いているときでも、その泣き方で”お腹がすいているのか or おむつが気持ち悪いのか or 抱っこしてほしいのか”を見分けようとしますね。これが、俗に言う”母親の勘”です。

今回の研究でわかった”妊娠中から感情脳を活性化することで、赤ちゃんを迎える準備をしているという説”は、そんなママの感覚的な行動を裏づけている気がします。

「神経質になりすぎ」「論理的でない」なんて言われると「なんて失礼な!」という気になりますが、その理由を”生後1日目から赤ちゃんとの絆を育もうとする母性本能”と捉えれば、「さすがママ!」ですね。

 

実は、妊娠中から、脳レベルでママになるための準備を着々と行っているなんて! 今回の研究結果、何だか 母性のパワーを改めて感じさせてくれますね。

妊娠中、涙もろくなったり、感情的になったり、といった気分が下がりがちな現象も、このような理由があると分かれば前向きになれる気がしませんか?

 

【関連記事】

※ 新事実!ママに「ハグされるのが多い」赤ちゃんに見られる驚きの特徴2つ

※ 何コレお得すぎ!? 今年から「ふるさと納税」を始めるべき3つの理由

※ わが子が叩いた、叩かれた!? 「子どものためになる」親の対処術3つ

※ 意外な結論!将来「子供を不幸にする親」「幸せにする親」の違いココにあり

こだわるなら○○100%!妊娠中におすすめの飲み物
 

【参考】

University of Royal Holloway London(2014)『Preparing for parenthood: Pregnant women show increased activity in right side of brain.』 ScienceDaily

【著者略歴】

※ 佐藤めぐみ・・・心理学がベースのポジティブ子育て『プラス思考育児メソッド』でママをサポートする『ポジカフェ』主宰。ママ向けストレス診断、悩み相談、叱り方教室 『ポジカリ講座』 など育児コンサルタントとして活動中。

著書は、『子育て心理学のプロが教える輝くママの習慣』(あさ出版)『パリママの心豊かに生きるシンプルなヒント』(アルマット)『叱るときのイライラがなくなる! 子育て心理学のプロ 佐藤めぐみの「ポジカリ」メソッド』 (All About Books)[Kindle版]がある。

LINEで送る