食費が節約できて健康も手に入る「黄金の買い物ルール」4つ

食費が節約できて健康も手に入る「黄金の買い物ルール」4つ

増税後、税抜き価格のお店が増えたこともあって、お会計のときにドッキリすることはありませんか? なかなか8%に慣れないものですよね。

財布からお金を出す度に、「この分を節約しないとな~」という気持ちになります。そう思ったら、まずは何を節約するべきか?

光熱費は頑張っても額が小さすぎて効果を実感しにくいし、レジャー費は削ると心が寂しくなりそうな気が……。日常的にできて最も効果を感じやすいのは、そう、”食費”です!

というわけで今回は、筆者の経験を踏まえた食費節約の買い物ルールをお伝えしようと思います。

 

■1:週1回ネットスーパーで全食材を購入する

筆者は平日買い物に行けず、しかも坂の上に住んでいるのでネットスーパーが必須。この頃は、ネットスーパーが充実していますよね。

しかし実際スーパーに行くより割高感が否めないことも……。それで始めは「もっと安いものがあるのにな~」と思いながら仕方なしに利用していましたが、気付くとなぜか食費が減っているではありませんか!

驚いてその理由を分析してみたら、以下の3つによるものだとわかりました。

(1)バーチャルは実物より訴えかけないから

スーパーに行って実物を見ると、どうしても余計なものを買ってしまいがちですよね。しかしネットの画像では、その衝動が押さえやすいようです。

(2)予算オーバーがわかりやすいから

ネットでは購入金額がすぐにわかるメリットもあります。予算金額を持てば、オーバーした時に削りやすいですよね。当然ながら、削るときは嗜好品から消えていきます。

したがってムダなお菓子を買わずにすみ、ダイエットにも効果テキメンです。

(3)週1回のまとまった出費が抑止力になるから

毎日買い物をすると1回あたりの金額が少ないため、「これも買っちゃおう」と余計なものに手が伸びてしまいがち。

週1回のまとめ買いだと、ある程度高額になるため、「これはやめておこう」という逆の意識が働きます。また、週1回だと予算も立てやすいですね。

……というわけで、週に1回ネットスーパーでまとめ買いすることをオススメします。ちなみに利用するネットスーパーは、できるだけ1カ所に絞るといいです。

筆者は以前、比較的安いネットスーパーを見つけ、2カ所を同時利用していたことがありました。チラシを見てスーパーをかけもちするような感覚です。

しかし、結局余計なものを目にする機会が増えただけで、節約にはならず。10円安い方で買っても100円のお菓子の誘惑に負けてしまえば……、ですよね。

 

■2:献立を考えないで購入する

またまとめ買いするときは、1週間分の献立を考えた上で行うのが効果的とよく言われていますが、筆者の場合は”献立を考えません”。

なぜなら献立にとらわれると、どうしても追加で買いたいものがでてきてしまうからです。野菜や肉など基本となる食材を購入し、あとはその日の気分に合わせて、冷蔵庫にあるもので作る。

このような買い方をすると、買い物する前日には冷蔵庫がスッキリしてきて、達成感を感じられます。献立にとらわれない方がむしろ、「これぞクリエイティブ!」と節約を楽しむことができていいですよ。

 

■3:添加物が少ないものを選んで購入する

そして菓子パン、お弁当、加工品などが目に入ると、ついでに買ってしまいがちですよね。しかし、手が加えられているものには添加物が多く含まれています。

筆者の子どもがアレルギーっ子なこともあり、添加物が多いものを避けていたところ、ついで買いが減って節約になりました。そのため、みなさんにもぜひ取り入れてほしいです。

しかもこれらは添加物だけでなくカロリーも高いことが多いので、避ければ健康やダイエットにも効果がありますよ!

 

■4:”安くて悪い”より”高くて良い食材”を購入する

食事は心で食べるもの。安いけれど体に悪いものは、たくさん食べても満足感を得にくいです。

でも、多少値が張っても品質の良い食材は、少量で満たされた気持ちになれます。そもそも高いものばかりはあまり買えませんが、ちょっと悩んだなら良いものを選びましょう。

よくある節約術とは真逆ですが、こうすると結果的に消費量が少なくなり、節約になりますよ。

 

いかがでしたか? 自分自身が行っている買い物ルールを振り返ってみたら、もともと子どものアレルギーを発端にした買い物習慣が、結果的に節約になっていたという事実が判明!

要するに、ムダ買い防止は健康につながるのです。節約が続かないのは、「我慢している」と思うから。節約することで健康やダイエットにつながるなら、一石二鳥。やる気も出ます。

上記の中に気になるルールがあったら、ぜひ試してみてくださいね!

【関連記事】

※ ママFPがズバリ!貯金が「増えていく」家庭、「貯まらない」家庭の違い4つ

※ 隠れ「習い事貧乏」かも?FPが教えるお金を貯めるタイミング2つ

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

粉ミルクを選ぶ基準って?教えて「母乳のいいところ」「ミルク選びのポイント」[PR]

産後ママの95%が悩んでいる!意外と気になる「ヘアケア」の実態調査★ [PR]

※ 洗面所収納で朝の身支度を時短する【ワーママ的片付け術vol.3】

ツライ背中や肩…はじめての産後ヨガに三角のポーズ【NattyYoga】

LINEで送る