赤ちゃん自慢してくる人を一発で黙らせる「魔法の言い回し」

赤ちゃん自慢してくる人を一発で黙らせる「魔法の言い回し」

知り合いに赤ちゃんや赤ちゃんの写真を見せられて、コメントに困ったこと、ありませんか?

本当にかわいければ、素直に「かわいい!」と言えます。しかし、そう思えないときはものすごく辛いですよね。

無理して何か言おうとすると、どもってトンチンカンな言葉が口から出てしまいます。すると一瞬、気まずい空気になることも……。

元々お世辞を言い慣れていない人は、どうすればいいのでしょうか?

こんなときにピッタリなうまい言い回しが、言語学者・金田一秀穂さん監修の『この「言い回し」で10倍差をつける』の中にありました! 「これは使える!」と思ったので、みなさんにもご紹介します。

 

■悩んだら「●●そうな顔立ちですね」と言えばOK

そもそも相手は、自分の子どもをほめてほしくて見せています。

そんな人に向かって、「ちっともかわいくないですね」「全然似てないですよね」「サルみたいですね」「ガッツ石松さんにそっくりですね」なんて言ったら、地獄を見ます。だから、口が裂けても言えないですよね。

でも、これが本心。他に何を言ったらいいのか、本当にわからない……。このとき、ほめ上手な女性なら、「どっちに似ているんですか?」「その服がよく似合っていますね」などと言えるかもしれません。

しかし、口下手な女性だと、これ以上この話題で盛り上がってほしくないので、なかなか言えないですよね。

また、自分に嘘はつきたくないもの。よって、できれば一発で相手が満足してくれるようなほめ言葉が知りたくなりますよね。

『この「言い回し」で10倍差をつける』によると、心の声を「やさしそうな顔立ちですね」「はっきりとした目鼻立ちですね」に言い換えるといいそうです!

 

■「●●そうな顔立ちですね」はバリエーション豊富!

確かに、”●●そうな顔立ち”は無難なコメントですよね。しかも事実ベースなので、心も痛みません。そして、●●のところは、他にもまだまだパターンが考えられます。

例えば、「化粧映えしそうな顔立ちですね」「将来が期待できそうな顔立ちですね」「運がよさそうな顔立ちですね」など。

目鼻立ちも、「愛嬌のある目鼻立ちですね」「すっきりした目鼻立ちですね」「ハーフみたいな目鼻立ちですね」などの言い回しも可能!

これらのほめ言葉なら、無理矢理「か、かわいいですね~(汗)」などと演技をしなくてもいいところが嬉しいですよね。

 

こんなことを書くと怒られてしまうかもしれませんが、赤ちゃんは、自分の子どもだからかわいく見える、というのはありますよね。

よって、「他人の赤ちゃんをかわいく思えない私は、どこかおかしいの?」なんて思わなくてOK。「やさしそうな顔立ちですね」で乗り切りましょう。

ちなみに、『この「言い回し」で10倍差をつける』は、話がいつも違う上司と話すときの言い回しや夫婦円満の言い回しもあって、日常生活にかなり使える一冊です。

筆者はメールのやりとりが多い仕事なので、「なんて言おう……」と悩んだときよく参考にさせてもらっています。口下手な女性は、手元に置いてみては?

 

 【関連記事】

※ 孤独で不安なママが読むと「みるみる元気になる…!」絵本3冊

※ 子育てアドバイザーが教える!「眠れない子」が「眠れる子」になる3つの法則

※ 絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

※ 愛しているのに「将来子供を不幸にする」親の特徴4つ

※ 小学生がまちがえた漢字ランキング発表!ポイントとコツを掴める楽しい勉強法とは

【参考】

金田一秀穂(2014)『この「言い回し」で10倍差をつける』 小学館

LINEで送る