過干渉と仲良しな「過保護」が子どもの成長を妨げてしまう理由

過干渉と仲良しな「過保護」が子どもの成長を妨げてしまう理由

過干渉と仲良しな「過保護」が子どもの成長を妨げてしまう理由

「私が毎日、しつけをしようと口が酸っぱくなるくらいに言っているのに、うちの子はどうしてこういつまでも自分のことを自分でやるようにならないのかしら?」と悩んでいるお母さん!

その原因は、もしかしたらお母さんにあるのかもしれません。

今日は、『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』の著者の立石美津子が、過保護がNGな理由についてお話ししたいと思います。

 

■親の過保護と過干渉はよくセットになる!

刻々と保育園に行く時刻が迫っているのに、子どもがおもちゃを片付けない。

「早く片付けなさい!もう出かける時間よ!」「さっさとしなさい!何度言ったらわかるの!」ところが注意は左耳から右耳へ抜けている、全く片付ける気配なし……。

なぜ、子どもがこんな態度をとると思いますか? 子どもは自分がやらなければ親がやってくれると、ちゃんとわかっています。だから、わざとやらないのです。

それで、「いつも、こうなんだから!」と文句タラタラ言いながらお母さんが片付け始めると、子どもの計画通りに事が進んだことになります。

このとき、「片付けなさい」と言っても手を出さなければ、”過干渉”にはなりません。でも、親が片付けてしまったことが過保護、そして子どもへの指示は結果的に過干渉になってしまったのです。

過保護と過干渉はとっても仲良し! セットになりやすいのです。同じような例はわんさかあります。

(1)子どもが小学校に登校した後、床に筆箱が落ちていることに気付いて、慌てて学校に届けるママ

(2)子どもが本を投げたとき、「どうして本を投げるの、ダメでしょ!」と叱りながらその本を拾うママ

(3)子どもが靴を揃えないことを「なんで揃えないの!」と怒りながら、その靴を揃えるママ

(4)目覚まし時計をセットして起きることを教えず、学生になっても「早く起きなさい」と親が起こすママ

(5)高校生になっても社会人になって独り暮らしをしても、子どものようにモーニングコールをするママ

こうやって見ると、過干渉と過保護のイメージがつくのでは?

 

LINEで送る