なぜ夫は頼んだことをやってくれないのか?その理由が判明!

なぜ夫は頼んだことをやってくれないのか?その理由が判明!

「帰りに牛乳買ってきてね」

そう夫に頼んでおいたにもかかわらず、いざ帰ってきて「買ってきた?」と聞くと「あ、ごめん忘れちゃった」なんてこと、よくありますよね?

ちゃんと話を聞いていないんじゃないの?とイライラが募ってしまう女性も多いのではないでしょうか。

どうして夫は頼んだことをやってくれないのか、不思議ですよね。でもそれはあなたの夫だけではなく、世の多くの男性が同じなのです。今回は恋愛心理コーディネーター・織田隼人さんのサイト『男心と女心』より、その理由が判明したのでお伝えします。

決して悪気があるわけではないようですよ!

 

■男性は一度にひとつのことしかできなかった

女性は掃除、洗濯、料理に子育てと同時に発生する仕事が多いため、マルチタスクが得意です。お昼ご飯を食べながら夕飯のメニューを考えることもできてしまいます。

それに比べて男性は、一度にひとつのことしかできない脳の仕組みになっています。そのため、やるべきことに優先順位をつけた上で行動するのです。

そしてそのひとつに取り組んでいるときは、他項目は頭から消えています。ゆえに優先順位が低い項目は忘れやすいのです。

 

■男性の優先順位はハイリスクかどうかで決まる

優先順位が低いと聞くと、「それって大事じゃないということ? つまり、私のこと大事にしていないから忘れたってこと?」と感じますね。

いえいえ、決してそうではないのです。なぜなら優先順位は物ごとの危険度、つまり忘れたらリスクが高いかどうかで決定されるからです。

仕事でミスをしたら致命的なので優先順位は高まりますが、牛乳を買い忘れても仕事に比べればたいしたことではないですね。

とはいえ、頼んだ側は牛乳がないと夕飯が作れなかったりするので困るのですが……。それでも致命的でないことはわかります。夫はあなたを大切にしていないわけではないので、安心してくださいね。

 

■忘れっぽいのは男女で脳のつくりが違うから

優先順位が低いと、どうして忘れてしまうのでしょうか?

その理由は、男女間の脳のつくりの違いにありました。男性は短期記憶を司る”海馬”という部分が女性に比べて小さいのです。これは、元来男性は狩猟など目の前のことに集中するようにできているため、とも言われています。

男女によってつくりが違えば、忘れっぽいのも仕方が無いことだと思いませんか?

 

■男性の物忘れ防止に効果的なのはリマインド

でもやっぱり”細かいこと”と片付けて、忘れられてしまうのは困りますよね!

頼んだことをやってもらうには、リマインドが効果的です。メールを送ったり、男性自身がふとしたタイミングで思い出す仕掛けをしておきましょう。

例えば、玄関先にゴミを置いておく、目の付くところにメモを残しておくなど、行動を先読みしてアピールするのです。これだけでやってくれる可能性は格段にアップするはずです。

 

いかがでしたか? 少し寛容な気持ちになれたでしょうか? 男女の違いを理解したうえで、頼みごとをやってもらえるように、みなさんも是非工夫してみてくださいね!

それでも忘れてしまったら、やる気がないわけでも、あなたを大事にしていないわけでもないことを思い出して、許してあげるのが夫婦円満の秘訣になりそうです。

 

【参考】

忘れっぽい - 男心と女心

男性に用事をさせるには - 男心と女心

LINEで送る