お金が自然と増えていく!お金持ちが実践しているお金のルール

お金が自然と増えていく!お金持ちが実践しているお金のルール

誰だって、貧しい生活は嫌! だから、お金を増やしたいと思うものですよね。しかし、収入が増えても、お金のルールを守らないとあっという間になくなってしまいます。

実際、アメリカのプロスポーツ選手は、6割が引退後に自己破産しているとの調査結果が! 一生かかっても使い切れないような巨額のギャラを受け取っているのに、ビックリですよね。

そのため、ファイナンシャルプランナー・泉正人さん監修&うだひろえさんイラスト・マンガの『図解・誰も教えてくれないお金の話』にある”お金持ちが実践しているお金のルール”を生活に取り入れてみませんか?

これを守るだけで、お金が自然と増えていきますよ!

 

■1:稼ぐことと同じくらい無駄遣いゼロを大切にする

節約は「心構え程度のこと」と考えていませんか? いいえ、違います。

「節約は無駄に出ていってしまうお金をなくすための工夫であり、無駄遣いをしないための仕組みです」

当たり前ですが、たくさん収入があっても湯水のように使い続ければ、あっという間になくなってしまいますよね。そのため、お金持ちは無駄遣いしません。

「収入を確保することと同じくらい、無駄なお金を出さないようにすることを大切なことと考えています」

それで、節約のためにお金持ちは、固定費を削減して毎月の支出を自動的におさえています。あなたも今すぐ、無意識に使っているものを見直してみませんか?

 

■2:最初に決めた貯金額を引いた残りを生活費にする

また、普段、感情に振り回されながらお金を使っていませんか? これでは、節約しているはずでも、支出が減りません。お金持ちは、自然とお金が貯まる仕組みを先に作っています。

それは、”収入”-”貯金額”=”生活費”という方程式。普通の人は、”収入”-”生活費”=”貯金額”ですよね? 貯金できない人も、このように収入を自動的に貯める仕組みがあれば、支出が抑えられます。

「最初に決めた貯金額を引いた残りを生活費にすれば、お金は貯まるし、生活費に上限ができるので無駄遣いは減るでしょう」

お金持ちと貧乏人を決定的に分ける方程式なので、覚えておきましょう。

 

■3:自分の収入を割合で考えて月間の支出額を決める

お金を手にした瞬間、テンションが上がって全部使ってしまう傾向はありませんか? それでいつも貯金がうまくいかないなら、割合思考でお金と付き合っていきましょう。

お金持ちは、使っていいお金を割合で決めています。

例えば、貯金は収入の20%、住宅費は30%、食費・光熱費・交際費はそれぞれ10%ずつ、その他生活費は20%といった具合です。こうすれば、収入の増減があっても大丈夫!

「貯金の額は変わってもOK。収入が毎月変わる場合、収入に応じて貯蓄額も変わる」

収入が増えてもこの割合が崩れなければ、収支のバランスがうまくとれて、浪費で家計がおかしくなることもありません。ちなみに、貯金は収入の2割がベスト! 意識してみてください。

 

要するに、無駄遣いしない、給料は先に収入の2割を貯金してから使い始める、支出は割合思考で決める、というのが”お金のルール”。取り入れると生活が一変します! さっそく実践していきませんか?

詳細は『図解・誰も教えてくれないお金の話』にかわいいイラスト付きでまとめられているので、お金について知りたい女性はぜひ読んでみましょう。

 

【参考】

※ 泉正人&うだひろえ(2014)『図解・誰も教えてくれないお金の話』 サンクチュアリ出版

LINEで送る