ちょっと笑える!街で見かけた面白い「ひらがな」写真が話題に

ちょっと笑える!街で見かけた面白い「ひらがな」写真が話題に

ちょっと笑える!街で見かけた面白い「ひらがな」写真が話題に

街を歩いていて、小さな発見をしたことありませんか?

例えば、偶然ハート形になっている葉っぱとか、くすりの”く”がとれて”すり”になっている看板とか……。こうゆうのを見つけるのって、ちょっとワクワクしますよね。見慣れているはずの景色が、一気に新鮮になります。

そんな中、街中で”ひらがなに見えるもの探し”することがインターネット上で話題になっています。これ、この春休み中子どもと一緒に楽しむと盛り上がりそうなので、試してみませんか?

 

■ひらがな探しの記事もひらがなっぽく見える写真も面白い!

インターネットユーザーの注目を集めているのが、『デイリーポータルZ』と『LIGブログ』の記事。

どちらも、街や身近でひらがなに見えるものがないかを探す内容。探検中、目に入ったものをちょっと無理にひらがなに見せようとしているところが笑いを誘います。

意外と「これ、よく見るとひらがなの”つ”っぽくない……?」と思うようなものって、身近に潜んでいるんですよね。読むと、話題になる理由がよくわかります。

実はこの記事、ひらがな珍発見実行委員会が実施している「ひらがなおじさんに愛の手を!『ひらがな珍発見』キャンペーン」のもの。

委員会は、ひらがなの楽しさを世に広めるために、株式会社ベネッセコーポレーション『こどもちゃれんじ』主体で、『デイリーポータルZ』、株式会社LIGが共同企画・設置したそう。

そして委員会サイトには、ひらがなに見える写真が2,000件以上集まっていて、これはボンヤリ見ているだけでも面白いです!

ちょっと笑える!街で見かけた面白い「ひらがな」写真が話題に

中でも、木や雲などがひらがなに見えるものや、子どもが人文字でひらがなを作ったものなどが人気の様子。

自然のものもいいですが、個人的には”う”になっている猫にキュンキュンしました。かわいい動物は卑怯……! ひらがなが楽しくなりそうなサイトなので、子どもと一緒に何度も見たいですね。

キャンペーンに参加した方は、「一度意識したら、ひらがなをすごく身近に感じるようになった」、「子どもと一緒に探したら、それから子どもが遊びながら自分で見つけてくれるようになった」などとコメントしています。

楽しいついでに子どもがひらがなや日本語そのものに興味を持ってくれたら、親としてはやっぱり嬉しいですよね。

 

■投稿でAmazonギフト券やペア旅行チケットが当たる!

また、ひらがな珍発見実行委員会のFacebookページによると、豪華プレゼントもあるとのこと。

「優秀な作品を投稿いただいた方には、豪華旅行券をプレゼント!そして、投稿&投票された方の中から抽選で毎日1名様に「ありがとう」の気持ちを込めた、さんきゅーなプレゼントとして、Amazonギフト券3,900円分をプレゼント!!」

優秀な作品=大賞賞品は、ひらがなにちなんだ鳥取県『はわい温泉』のペア旅行チケットだそうです。キャンペーンは、3月31日(月)23:59まで。間もなく終了なので、参加はお早めに!

 

今だけでなく、これからも「何かひらがなっぽいものが見つかるかな」と思ってでかけると、でかけるのが楽しくなると思いませんか?

いつもと違う視点で身近にあるものや風景を眺めると、毎日に退屈することもなくなるかも。ぜひ、たまに違った見方を試してみてください!

 

【参考】

※ 東西対抗!歩け歩けひらがなビンゴ大会 - デイリーポータルZ

※ 珍発見!小さなおじさんを救うために「ひらがな探し」をしてみた。 - 株式会社LIG

※ ひらがな珍発見

※ ひらがなおじさんに愛の手を!ひらがな珍発見 投稿&投票キャンペーン!

LINEで送る