誰かを愛することであなたの脳に起こっている「大きな変化」7つ

誰かを愛することであなたの脳に起こっている「大きな変化」7つ

誰かを愛することであなたの脳に起こっている「大きな変化」7つ

愛は、人体に影響があります。誰かを愛すると、脳の一部分は活性化され、またその一方で脳の他の部分は動きを止めてしまうのです。

この愛は、恋愛感情でも親子感情でも関係ありません。あなたの考え方を大きく変えてしまいます。

海外の恋愛情報サイト『YourTango』を参考に、脳があなたの愛によってどう変化するのかをご説明します。

 

■1:中毒になる

「愛は麻薬」と聞いたことはありませんか? これ、当たっている部分はあります。脳は、”愛”というこの強く情熱的な感覚を、麻薬中毒時に活性化されるものと同じシステムを使って扱います。

至福感から、もっと愛を欲するようになるのです。健康的な中毒ですね。

 

■2:二人セットで考えるようになる

二人セットで考えなくてはならないので、「私が、私が、私が」ではなくなります。そして脳もこの変化を、自動的にとり込みます。パートナーや子どもと共有するつながりは、表面的ではなくもっと奥深いものです。

近年の研究によると、一人称を使う人は、二人称を使う人より高い率で鬱になるとわかっています。健全な恋愛関係は、かけがえのない大切なものであるというもう一つの証拠です。

 

■3:心が健康になる

恋に落ちるのは心にとっても、つまり精神衛生上でもいいことなんです。恋をしている人は高いレベルのドーパミンが出ています。ドーパミンは満足感や欲望、至福感に深く関係しています。

研究で、前向きで健康的な恋愛関係にある人はより長生きをし、より幸福で、より賢く、そしてよりよい心の健康を維持できることが報告されています。

 

■4:相手を支えたくなる

恋に落ち、恋し続けることの最大のメリットのひとつは、誰かに頼り、そして支えることがどんなことかを本当の意味で学べることです。恋愛関係において、信頼を築くことは極めて重要です。

そして、脳はそのプロセスを助けてくれます。研究者は、MRIスキャンを通して、恋に落ちたときは脳内で判断力を司る前頭葉の活動が停止することを発見しています。

 

■5:ストレスがなくなる

脳は、恋した人に初めて触れられたときの感覚を忘れることは決してありません。

本当にすごいのは、健全な恋愛関係にあるとき、パートナーの手をつなぐだけでストレスから解放され、血圧が下がり、肉体的苦痛が和らぎ、健康が改善するところです。

健全で有望な恋愛関係は、脳の機能をいい方向へ変えてしまうのです。

 

■6:脳の報酬中枢が反応する

なんと、研究で「私たちは互いに愛し合っている」と主張する夫婦は、配偶者の写真を見ただけで彼らの脳の報酬中枢が強く反応することがわかっています。つまり、快感だということ。

常に愛を実感して、いい気分になりましょう!

 

■7:安心する

母親と赤ちゃんが初めて絆を作るのと同様に、安心感が恋愛関係に現れてきます。あなたも年をとり変化していきますが、あなたの体は若い頃体験した脳のサイクルや段階を覚えています。

そのため、絆を再確認するときには安心感と充実感もドッと蘇っていのです。また、研究者は、誰かに恋しているときは、脳の恐怖や否定的な感情をコントロールする部分の活動が停止すると言っています。

 

いかがでしたか?

こんなに素晴らしい変化が起きているなんて、ビックリですよね。だから恋愛中の人は幸せそうなんですね。結婚して何年も経っていたとしても、たまには恋人同士に戻って、愛を実感してみませんか?

 

 【関連記事】

※ 花粉症は遺伝する!? 「両親が花粉症の子どもの発症率」なんと●●%

ココに違いが!出産まで「ストレスフリーに過ごせる」人が自然にしている習慣3つ

7,500人以上教えた専門家がズバリ!キャラ弁を「止めたほうがイイ」理由 

※ 男の3大欲求、夫が「妻に一番求めている」のは意外にもアレだった!

※ お金が自然と増えていく!お金持ちが実践しているお金のルール

【参考】

※ 7 Ways Love Transforms Your Brain - YourTango

LINEで送る