あなたの能力はお金になる!子育て経験をフルに活かせる職業8つ

あなたの能力はお金になる!子育て経験をフルに活かせる職業8つ

今、子持ちママの再就職はかなりの難関です。しかし、それで自暴自棄にならないでください!

”子育て経験をメリットにする”という逆転の発想を持てば、ママだからこそ求められる職業やフル活用できる資格は世の中にたくさんあります!

妊娠・出産・子育ては決してブランクではありません。女性にしか味わえない人生のプラスになる貴重な経験です! そのため、ぜひ活かすことを考えてみてください。

そこで今回は、子育て経験が活かせる職業を8つ、ピックアップしてみました。再就職希望のママ、転職を考えているママ、将来子どもを持ちたいプレママは必見ですよ!

 

■保育関連の仕事

まずは、子育てに直結している保育関連の仕事です。保育は座学だけではわからない、経験がものを言います。自分が子育てで悩んだり、工夫したことを存分に発揮できる場が用意されています。

(1)保育士

保育のプロとして生涯役に立つ国家資格です。社会的ニーズがたくさんあるため働き方の選択肢が豊富。

保育所や児童福祉施設などに就職できるほか、個人的に家庭保育をすることも可能です。国家資格なので勉強量は多いですが、その分、信頼度も抜群。

通信教育を利用して子育ての合間に進めることができます。

(2)ベビーシッター

訪問保育や自宅で家庭保育を行います。シッターサービスを行う会社に登録し、派遣される勤務形態が多いようです。資格は必要ありませんが、民間の認定資格もあります。

(3)チャイルドマインダー

“個別保育、家庭保育のプロ”と呼ばれる職業です。訪問保育、家庭保育、託児所勤務などの勤務形態があります。

ベビーシッターと違う点は、民間資格が必要な職業であること。保育施設などの勤務を希望する場合は、ベビーシッターより需要があります。

(4)幼児教室の先生

教室や受け持つ授業によりますが、資格がなくても先生になれることをご存知でしょうか?

研修制度がしっかり整っているところもありますので、子ども好き、教育に関心があるなどの情熱があればトライできます。

 

■コミュニケーション関連の仕事

ベビーやキッズとのコミュニケーションをお手伝いする仕事です。我が子のために学んだ知識や技術をさらに深く掘り下げて、その道の先生になってしまうのもアリですよ!

(5)ベビーマッサージ/ベビーサイン教室

肌と肌とのふれあいでコミュニケーションをとるベビーマッサージは赤ちゃんのためにはもちろん、ママのリラックスにもつながるとして最近注目されていますよね。

また少し大きくなった赤ちゃんには、ベビーサインもあります。我が子に習ったら次のステップとして先生になる資格をとってみては?

資格取得できるスクールが多くあるので、自分に合ったところを探してみましょう。勤務形態は自宅でお教室開催、出張教室など。独立開業なのでスケジュールも思いのままです。

(6)チャイルドセラピスト

チャイルドセラピストとは、子どもの心身ケアを行う、子育てに特化したセラピストのこと。

アートセラピー(描いた絵から心理を読み取る)やプレイセラピー(遊び方を見守り心理を読み取る)などを通して子どもの心の声に耳を傾ける仕事です。

民間資格になり、自宅開業、講師やアドバイザーになるなどの活躍の場があります。

 

■食育関連の仕事

子どもの離乳食がはじまると、栄養面や安全面など食育に関心が高まりますよね。

アレルギーを持っているお子さんならなおさら、色々と調べてみたことがあるのではないでしょうか? そのような経験が活かせる食関連の仕事も要注目です。

(7)管理栄養士

唯一国が認める栄養関連の国家資格です。栄養管理・指導のプロとして保育所や高齢者施設、病院、官公庁など活躍できる場はたくさんあります。資格取得のため通信教育で勉強することが可能です。

(8)食育アドバイザー/食育インストラクター

食育の民間資格です。食の安全や精神的な面を含めた“食事環境”に重きをおく傾向にあります。

親子で楽しむ食事や食材の知識、子どもの偏食アドバイスなどができるので、自宅で離乳食教室などを開きたいママは持っているとより充実した内容になります。

 

上記の中に、興味のある職業はありましたか?

子育ては楽しい半面、悶々とした気持ちに苛まれることもあります。そんなとき、興味がある資格の勉強をすればストレス発散になりますし、その資格が未来の自分につながっていくとしたら最高ですよね。

ちなみに、ジョブズリサーチセンターでは”ありのママ採用”という言葉を2014年のトレンドキーワードとして発表しています。企業もママとしての経験に注目しつつあるようです。

「子どもがいたからこそ自己実現できた!」と胸を張れる自分を目指して、ぜひトライしてみては?

 

【参考】

※ 2014年のトレンドキーワードは「ありのママ採用」 - ジョブズリサーチセンター

LINEで送る