体に悪影響を及ぼす!寝るときに絶対やっちゃいけない姿勢5つ

体に悪影響を及ぼす!寝るときに絶対やっちゃいけない姿勢5つ

みなさんは寝るとき、うつぶせになっていませんか? うつぶせは、枕に顔を埋めるのが気持ちいいので、ついやってしまいますよね。

しかし、実は骨格がゆがみ、腰痛や顎関節症が起きる場合があるそうです!

睡眠・呼吸メディカルケアクリニック『RESM新横浜』の白濱龍太郎院長が、著書『病気を治したければ「睡眠」を変えなさい』で、うつぶせを含めて、寝るときにNGな姿勢をまとめています。

今回は、この姿勢を5つご紹介します。

 

■寝るときにやっちゃいけない姿勢5つ

(1)うつぶせスリープ

まずは、うつぶせから。睡眠時無呼吸症候群の人にも多い寝方だそうですが、オススメできない理由があります。

「この寝方なら舌が気道をふさぐことはありませんが、胸部が常に強い圧迫を受けてしまいます。その結果、胸部を中心に全身の骨格がゆがみ、腰痛、顎関節症、O脚などが起きるリスクもあります」

(2)折り曲げ横向きスリープ&ひじ枕スリープ

また、横向きになって腕や足を折り曲げたり、ひじ枕で眠ったりすると、血流が悪くなる恐れがあるそうです!

「この寝方をすると、時間とともに腕や足にしびれが出るため、寝返りの回数が必要以上に増えてしまいがち。しびれや寝返りがきっかけで目覚めてしまい、眠りが浅くなる場合もあります」

LINEで送る