イマドキ夫婦に朗報!なんと「パパママ呼び」は悪くないと判明

イマドキ夫婦に朗報!なんと「パパママ呼び」は悪くないと判明

大きくなっても人前で「うちのママは~」などと言っている子どもは、恥ずかしいですよね。それで、「小さい子どもに自分達を何と呼ばせようか?」と、“呼ばせ方”を気にする親は多いのではないでしょうか。

小学校入学までパパママにする? それとも、最初からお父さんお母さんにする?

どちらがいいのか、悩んでしまいますよね。そこで、保育スクール『よつばのクローバー』を主宰する国語教育アドバイザーの森田真弓さんに相談して、役に立つアドバイスをいただきました!

さらに、ちょっと意外なお話もお聞きしたので、以下からそれをお伝えします。

 

■よくNGと言われる“パパママ呼び”は悪くなかった!

いずれ、人前でのパパママ呼びをやめさせることになります。それなら、始めからお父さんお母さんと呼ばせる方がベストでしょうか? よく「最初からお父さんお母さんと呼ばせた方がいい」と書かれている育児本も多いですよね。

しかし、パパママ呼びを遠ざける必要はありません!

なんと森田さんは、「パパママと呼ばせることにメリットは大いにある」と言うのです。この理由は、言葉を習得中の赤ちゃんにとって”パパママ”は発音しやすい言葉だから。

赤ちゃんは、偶然に発した言葉が親に伝わって、親が笑顔を見せてくれると、喜んで使うようになります。言いやすいパパママで呼ばせていると、このような初期段階の両親とのコミュニケーションに、大きな影響を及ぼすのです。

そう考えると、最初だけパパママ呼びをさせる価値はあると思いませんか?

 

■パパママ呼び卒業は”親が気を付ける”ことが重要!

しかし、子どもの進学などを考える時期になったら、変えないといけなくなりますよね。そんなとき、どうしたらいいのでしょうか? どのタイミングで呼ばせ方を変えるのが、子どもにとってベストなのでしょうか?

結論から言ってしまえば、これは各家庭での考え方次第。「そろそろ変えたいな~」と思ったら、それから変えればいいそうです。「どうせ変えるなら初めから」と思うのなら、最初から“お父さんお母さん”でOK。

もし変えようと思ったのなら、まずは自分たちが“パパママ”と呼んでいないか気を付けてみてください。

子どもは耳から聞いて学んでいます。そのため、「これからはお父さんお母さんと呼ぶのよ」と伝える前に、夫婦間での呼び方や自分自身の呼び方を変えることが大切になります。

 

■家庭内で”パパママ呼び”させる親は約4割だった

ちなみに、『Benesse教育情報サイト』のアンケートによると、パパママ呼びは約4割。39.8%です。一方、”お父さんお母さん”(お父ちゃんお母ちゃん含む)は全体の52.2%。12.4%も多いです。

しかし、人前での呼ばせ方となると、お父さんお母さんは62.7%。家庭内と違い、6割を超えています。そして、“パパママ”は29.4%で、3割以下。一気に少ないですね。

これを見る限りでは、家から一歩出たら「お父さんお母さんと呼ばせることが望ましい」という風潮はまだ廃れていないようです。呼ばせ方に悩んだら、このようなデータも参考にしてみては?

 

以上、親の呼ばせ方についてお伝えしました。いかがでしたか?

そろそろ、新生活スタートする春が来ます。小さい頃はパパママ呼びで、「入園するから」「年長さんになるから」などのタイミングで「大きくなったからお母さんって呼んでくれるかな」と言うのもひとつです。

ぜひ、自分達がしっくりくる呼ばせ方をじっくり考えてみてください!

 

【取材協力】

森田真弓(もりたまゆみ)・・・国語教育アドバイザー。こころと脳を育てる保育スクール『よつばのクローバー』代表。

専門学校非常勤講師(乳幼児教育)や、市民講座などの講師としても活躍中。また、一般社団法人 日本ナニー協会の理事長も務め、Nanny(ナニー)や欧米における幼児教育のスペシャリストの養成や普及にも力を入れている。

 

【関連記事】

※ ちょっと●●しすぎじゃない?「第一子」の5つの特徴とママが見直すべき対応

※ 新事実!ママに「ハグされるのが多い」赤ちゃんに見られる驚きの特徴2つ

※ 7,500人以上教えた専門家がズバリ!キャラ弁を「止めたほうがイイ」理由

※ あのキレイなママ友の秘密はコレだった!?お肌プルプルでダイエット効果もある秘策とは

※ こだわるなら○○100%!妊娠中におすすめの飲み物

【参考】

パパ・ママ派が約4割。5割はお父さん・お母さん - Benesse教育情報サイト

LINEで送る