みんなが大好きな●●で超簡単に「靴から出る悪臭」を消す方法

みんなが大好きな●●で超簡単に「靴から出る悪臭」を消す方法

冬、ブーツをよく履いていると、足のニオイが気になりませんか?

女性なら誰しも一度は、玄関で脱いだ瞬間に「うわっ」と思ったことがありますよね!? すると、人前でブーツを脱ぐのが憂鬱になりがち……。

でも、もう大丈夫です。こういった悩み、あなたの家に普段あるもので簡単に撃退できるのです! 今回、アロマインストラクターの中井アカネさんに、足のニオイの消臭方法について伺ってみました!

 

■足のニオイを発生させるNG習慣3つ

まず、消臭の前に、足のニオイが気になるようなことをしていないか、確認することが大事です。あなたは以下のような習慣に心当たりがありませんか?

(1)たくさん汗をかいても足を拭かない

足は、非常に汗をかきやすい部分です。実は、1日にコップ1杯分の汗をかいています! ただでさえ靴の中は湿気があるのに、汗をかくと、ニオイはさらに強まります。

そのため、汗をかいたときはこまめに拭いたり、靴下やストッキングをかえたりして、なるべく足を乾燥させましょう。

(2)毎日出かけるときに靴を変えない

また、毎日同じ靴を履いていませんか? 同じ靴を履き続けると、靴の内側が乾燥する時間がなかなかできません。とくにオシャレな靴は通気性が悪いので、3足以上をローテーションして履きましょう。

(3)靴下やストッキングを履かない

冬はあまりいないと思いますが、靴下やストッキングの着用も大事です。素足で履くと、皮脂や皮膚の垢がつくのでニオイの原因になります。消臭ソックスもたくさん出ていますし、5本足ソックスも通気性がいいのでオススメです。

 

■精油を使った足のニオイ対策3つ

とはいえ、ずっと外にいると汗をこまめに拭いたり、靴下を変えたりするのはちょっと難しいですよね。そんなときは一体、どうすればいいのでしょうか?

実は、ニオイにはニオイが一番! 女性はいい香りが好きなので、アロマを楽しむ趣味を持っている方は多いはず! このアロマの精油で、簡単に足のニオイ対策してみませんか?

足の発汗は、ストレスや緊張、不安などの心理的要因で増えることもあるので、いい香りでリラックスすることも非常に効果的なのです。中井さんに教えていただいた、具体的な使い方は以下の3つ。

(1)アロマスプレーを靴の中敷にかける

みんなが大好きな●●で超簡単に「靴から出る悪臭」を消す方法

脱臭や雑菌の繁殖を抑えるために、靴の中敷に精油をたらしたり、アロマスプレーをふりかけたりしてみてください!

アロマスプレーは、18mlの無水エタノールに精油を8滴たらし、2mlの精製水を順番にスプレー容器に入れて、その都度よく振り混ぜるだけで作れます。

ただし、このスプレーの使い切り目安は1ヶ月です。布に使用する場合は、色落ちやシミになる可能性があるので注意しましょう。

(2)重曹ボールをシューズキーパーに

みんなが大好きな●●で超簡単に「靴から出る悪臭」を消す方法

さらに、脱臭作用がある重曹を使ってアロマの重曹ボールを作り、それをシューズキーパーとして靴に入れておくのもニオイ対策になります。

シューズキーパーの作り方は、40gの重曹ビニール袋に測り入れて、精油を4滴たらすことから始めます。

次に、ビニール袋の口を閉じ、しっかり持って振ります。そして布の上にこの重曹を取り出して包み、輪ゴムで縛るだけで作れます。輪ゴムの上から、リボンやレースを飾るとかわいくなるので、オススメですよ!

(3)おでかけ前にアロマで足湯をする

みんなが大好きな●●で超簡単に「靴から出る悪臭」を消す方法

あと、靴を履く前の足湯も非常に効果的です。足湯のお湯は、大さじ2杯の天然塩と精油(オレンジスイート、ローズウッド、サイプレス、イランイランなど)を3滴、お湯に溶かすだけでOK。

精油原液をお湯に垂らして使用するよりも、肌に対する刺激が弱いそうです。また、天然塩の働きで新陳代謝も活発になるため、女性に多い冷え性、足先の冷えの緩和にもなりますよ!

ちなみに、足のトラブルのひとつである”水虫”の原因菌は、白癬菌というカビ・真菌です。精油には、この真菌の繁殖や感染を抑える働きを持つものがあります。

例えば、ローズウッド、ゼラニウム・エジプト、ティートゥリー、ラベンダー・アングスティフォリアなど。水虫を防ぎ、ニオイを発生しにくくするために、こういった精油を選んでみては?

 

■アロマ使用時に注意してほしいこと

最後に、アロマを使うときの注意点をお伝えします。アロマテラピーで使用する精油は、100%自然のものを使うことが大事ですが、自然のものだからと言って安全だとは言い切れません。

年齢や体調などにより、注意して使用するか使用を控えていただきたいものがあります。また、体質に合う合わないも人それぞれ。様子を見ながら使用してください。そして、上記アロマグッズで使用する精油の量は必ず守りましょう。

[比較的安全性が高い精油]

ラベンダー・アングスティフォリア、ローズウッド、ティートゥリー、ユーカリ・ラディアタ、レモングラス、イランイラン、オレンジスイート、ゼラニウム・エジプト

[注意が必要な精油]

サイプレス(発汗調整に役立つものの妊婦・乳腺症・がんの方には使用できません)

ニオイ対策や雑菌の繁殖を抑えるのによい精油は 上記に限らず他にもたくさんあります。市販されている精油は200種類以上あるともいわれ、メーカーもたくさんあります。できるだけ品質の確かなものを選んで使用してください。

あと、アロマテラピー・精油の使用は自己判断自己責任の下に行うことになっています。

妊娠を希望されている方、妊娠中、出産後、授乳中、乳幼児、高齢者、持病のある方など、精油の使用に不安がある方は、必ずアロマテラピーに関する知識を持つ有資格者の方に相談したり、専門の書籍を読んだりしてくださいね!

 

いかがでしたか?

なかなか人には相談できない足のニオイの悩みですが、女性の大好きなアロマでも解決できることがわかりましたね! アロマの香りを上記のように使うのは何だか新鮮で、ワクワクしませんか?

あと、飽きて使わなくなったアロマを消臭グッズとして変身させるのもいいですよね。これらを試して、「ブーツ脱ぐの恥ずかしい!」と悩む女性が少しでも減りますように!

 

【取材協力】

※ 中井アカネ・・・看護師、ナードアロマテラピー協会認定アロマセラピスト・アロマインストラクター、公益社団法人日本アロマ環境協会認定 アロマテラピーインストラクター。アロマサロン・スクール『Replus』主宰。

子育て中にフランス式アロマテラピーに出会い 薬に頼ることなく自然治癒力を高めることや日々を楽しく健やかに過ごすことの大切さを学ぶ。日々の暮らしに生かせるアロマを勉強・実践中。子育て・趣味・アロマに関するあれこれをブログ『三重 アロマサロン・スクールReplus あ~ちゃん☆』で更新中。

LINEで送る