日本と違いすぎてビックリな「イギリスの誕生日パーティー事情」

日本と違いすぎてビックリな「イギリスの誕生日パーティー事情」

みなさん、日本人はあまり誕生日を派手に祝わない傾向があると思いませんか?

実際、『gooランキング』の「自分の誕生日の過ごし方ランキング」でも、1位は恋人・配偶者と二人でお祝い、2位は家族とお祝いですが、3位はなんと「普段通り過ごしたい」となっています!

そのため、小さい子どもの誕生日でも、友達を呼ぶことはあるものの、自宅でケーキとちょっと豪華な料理を食べるくらいが一般的ではないでしょうか。

しかし、イギリスは違います! 誕生日パーティーをとても大事にしていて、かなり盛大に開くのです! 今回、イギリス在住6年目で2児のママの千春ヘザリントンさんにイギリスのパーティー事情について教えていただきました。

ちょっとスケールが大きすぎる話ばかりで、日本に当てはめながら読むと、ビックリしてしまいますよ!

 

■日本と大違い!驚くべきイギリスの誕生日パーティー事情

(1)なんと毎週末に誕生日パーティーがある!?

まず、子どもが幼稚園に通っている間は「この子を招待したら、あの子も……」と増えやすいので、結果的に大人数のパーティーになってしまうことが多いそうです。

たくさん子どもを招待すると、逆にたくさん招待されることになります。それで、毎週末が誕生日パーティーになることもあるとのこと。忙しくなりますね……。

(2)誕生日パーティー費用は主催者が負担

また、パーティーにかかる費用は全て主催者の負担だそうです。これは、大人になってからもあまり変わらず、主催者が企画することが多いとのこと。ちなみに参加者が持っていくのは、プレゼントとメッセージカードです。

(3)誕生日パーティーではコスプレを楽しむ

そして、主役の好みにより、パーティーにテーマがあることが多いそうです。例えば、海賊パーティーやハローキティパーティー、プリンセスパーティーなど。

さらに、イギリスの子ども達はドレスアップが大好きなので、パーティーの日はコスチュームを着ることが多いのだとか。日本のコスプレパーティーを想像するとわかりやすいかもしれません。

(4)教会やヘアサロンで誕生日パーティーOK

そもそもイギリスは、パーティー文化の国。そのため、誕生日パーティーできる施設がたくさんあり、教会やヘアサロンまで貸切OK!

子どもたちが喜ぶように、DJを呼んでダンスパーティーをしたり、ピエロの格好をした人を呼んで風船で動物を作ってもらったりもするそうです。

ヘアサロンでは、髪の毛のセットやマニキュアをしてもらって、プリンセスパーティーして楽しめるとのこと! 驚きですよね。

(5)誕生日パーティーでスゴイものを借りる

もちろん、自宅の庭でパーティーを開く人もいるそうです。その場合は、風船式の大きなトランポリン(バウンシングキャッスル)をレンタルすることが多いのだとか。スゴイですよね……。

パーティーグッズがレンタルしやすいので、滑り台付きのものなどもあるとのこと。想像すると、羨ましくなりませんか?

(6)誕生日パーティーのゲームでもお菓子ゲット

パーティーは約2時間。大抵、軽食、ゲーム、ケーキでお祝い。

このゲーム(パスザパーセル)で、参加者もお菓子などの小さなプレゼントをもらえるそうです。しかも、しっかり全員もらえるような心遣いもあるとのこと。これも嬉しいですね。

(7)誕生日パーティーのケーキは各自お持ち帰り

最後に驚いたのが、パーティーの後にはパーティーバッグというお返しのプレゼントがもらえるところ。中には、シャボン玉やスイーツ、笛などのオモチャと、小さくカットされたケーキが紙ナプキンに包まれて入っているそうです。

ケーキが入っているのは、パーティーフードでお腹がいっぱいになったり、ロウソクを消しても食べずにすぐ遊びに行ってしまったりなどで、食べないことが多いから!

このケーキも、潰れやすいスポンジケーキではなく、ものすごく甘いアイシングのキャラクターケーキが一般的だそうです! 確かに、盛り上がっているとケーキを食べる時間はなさそうですよね。

 

■千春さんの娘さんの誕生日パーティーもスゴかった!

ここまででも十分ビックリでしたが、千春さんの娘さんのパーティー話はさらに衝撃でした。

日本と違いすぎてビックリな「イギリスの誕生日パーティー事情」

なんと、牧場で開いたと言うのです! 日本では牧場でパーティーなんて発想、ありませんよね……。イギリスでは、レストラン以外の色々なお店やスポットに誕生日プランが用意されているので、牧場でも開けるのです。

日本と違いすぎてビックリな「イギリスの誕生日パーティー事情」

パーティした牧場は、『Lakemore Farm Park』。

日本と違いすぎてビックリな「イギリスの誕生日パーティー事情」

この牧場の誕生日プランは、動物への餌やりや触れ合い、動物についての説明などもある牧場案内、パーティーランチ(サンドウィッチ、ソーセージロール、ポテトチップス、アイスクリーム、ジュースなど)、招待状のレターがついたもの。

日本と違いすぎてビックリな「イギリスの誕生日パーティー事情」

最初は、子どもたちに自由に遊んでもらって、それから餌やりや触れ合い、お勉強をして、ランチを食べる、というような流れです。また、雨でも遊べるように、クレイジーゴルフや室内プレイエリアもあるとのこと。

なんと派手なパーティーでしょうか。日本だと牧場は、デートやおでかけで行くイメージなので、衝撃ですよね。もし日本でもパーティーできる牧場があったら、どうしますか?

 

以上、イギリスの誕生日パーティー事情でした。とても盛大で、ワクワクしてしまいませんか? 想像以上の充実度でした。こんなに祝ってもらえたら、みんなから愛されている実感が持てそうですよね。

ちなみに、イギリスでは誕生日、ナーサリー(日本の保育園や幼稚園)にスイーツを持っていくそうです。日本では逆に、スイーツは誕生日会などのときにもらえるものですよね。

しかしイギリスは、学校や職場でも、本人がスイーツを振る舞うのが一般的。これにより、周囲がお祝いの言葉をかけてくれます。この点も、日本では考えられませんよね。

あなたも次の誕生日、イギリスの文化を真似して、持参してみては?

 

【取材協力】

※ 千春ヘザリントン・・・イギリス在住6年目。海外で日本語教育に励む3歳と1歳の2児のママ。学校で日本文化を少しでも伝える機会が欲しいため、ティーチングアシスタントになろうと思い勉強中。海外にいても、日本の文化を大切にしていきたいと思っている。

好きなことは、おいしいものをめぐってお出かけしたり、旅行したり、北欧の食器を集めたりすること。

 

【参考】

※ 自分の誕生日の過ごし方ランキング-gooランキング

※ Little Dinosaurs

※ Lakemore Farm Park

LINEで送る